Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
お酒と若さと恋愛と
 
年が明け、先月で失業保険が切れたんでニートからフリーターにレベルアップしました。
そんな勢いに乗じて、今はとある会社で試用期間という扱いでフリーター・プラスっていうような状態で働いている今日この頃です。
 
僕以外にも最近入社した新人さんがいたので、合わせて懇親会という形で飲み会を開いてもらいました。
飲み会そのものは楽しい時間を過ごせたんですが、次の日が修羅場でした。
24時間中、18時間くらいベッドの中で過ごすことに。
 
学生時代はどんだけ飲んでも、吐くこともなければ、記憶が飛ぶこともなければ、二日酔いになることもありませんでした。
25歳を境に一気にアルコールを分解する機能が弱くなり、今でも吐いたり記憶が飛ぶことはないけど、飲み過ぎると次の日に残ってしまいます。
二日酔いになるとその日1日は、寝て水飲んで吐いて、寝て水飲んで吐いての繰り返しです。
 
お酒自体あまり飲まなくなったんで、弱くなったのはそのせいかなと思いつつ、加齢が原因ではないかとも思ってしまいます。
 
30歳なんでまだ将来への不安が具体的な形になっているわけではないんですが、禿げたらどうしようとか、娘にお父さん臭いからあっち行ってって言われたらどうしようかと、いろいろと思い悩んでいます。
後者に関しては、結婚してないし彼女すらいないんで、娘いぜんの問題ですが。
 
こんな風に無駄に思い悩んでいる時に耳にしたのが、大人になっても若さを保つ3つの秘訣。
誰の言葉かよく覚えてませんが、とにかくおっさん、おばさんになっても若さを保つには3つ大切なことがあるそうです。
 
1つ目は自分の文化を持つこと。
本を読んだり音楽を聴いたりして、自分の文化を持つことが大切なんだそうです。
いくつになっても瑞々しい感性を持つことは、確かに大切だと思います。
今の時点では読書も好きだし、音楽聴いたり写真を撮ったりするのも好きなんでこれはいいかなと思います。
 
2つ目は旅行をすること。
理由はよく分らないけど、旅行がいいらしいです。
これも問題ないと思われます。
 
3つ目は恋愛をすること。
これはかなり問題あります。
20代後半からまともに恋愛した記憶すらないんで。
問題があるとはいえ、改善する気があまりないのがイタイとこですが。
 
以上の3つは基本的には50代や60代くらいの人を意識した言葉らしいんですが、30歳でも感じるとこのある言葉だし、人生を楽しく生きるには大切な要素かなとも思います。
ぼくにとってより若く、より楽しい人生にするためにも、これからは恋愛です。
これからは、恋愛の時代です。
 
| NAGOYA | 23:41 | comments(4) | trackbacks(0) |
くる年に思うこと
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

くる年に思うこと、特にありません。
敢えて言うなら、日記を書き続けるってことくらいです。

2004年6月29日から今日に至るまで、毎日飽きもせず日記を書いています。
毎日というと語弊があり、溜まった日記を3日分くらいまとめて書いたりもしてますが。
ここまで続けると、止めたくても止めれない心理状態になってきます。

普段は過去の日記をめったに読み返さないけど、お正月や誕生日といった区切りの日にはなんとなく以前の日記帳を引き出しから引っ張りだし、適当に読み返したりします。

今回たまたま手に取った日記帳は、記念すべき1冊目。

2004年6月29日は、オーストラリアへ出発した日で僕にとってはある意味人生のターニングポイントと言える日でもあります。

日記を読み進めていくと、バス代往復3,2ドル(約250円)を払う余裕が無く片道30分以上歩いたとか、手持ちのお金が60セント(約50円)しかないとか、仕事がなかなか見つからないとか、全財産が500ドル(約4万円)を切ったとか、ご飯に塩かけて食べたとか etc ・・・。
今の状況と、あまり変わらないし・・・。

きっと当時の自分は、「30歳の俺はお金持ち、お金持ちになれなくてもせめて結婚はしてるだろ」って自分の未来を信じてたと思うんですが。

5年半前の自分に、「ごめん!まだ独身、お金もない!」と謝りたくなりました。
5年半後は、もう少しまっとうな大人になれるように願っています。

過去の自分に謝るなら、せめて未来の自分には誇れるように、現在を頑張って生きたいと思う2010年です
| NAGOYA | 22:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
ゆく年に思うこと
 気の早い友人から、「はっぴ〜にゅ〜いや〜!!」というメールを貰いました。
日付を勘違いしているのか、事情があって年が明けてからしばらくメールを送れないのか、ただのアホなのか。
よく分からない友人ですが、フライングとはいえこういうメールを貰うと2009年も終わりなんだなと改めて実感します。

Mixiで、マイミクの一人が「ろくでもない1年が終わる」というタイトルで日記を書いていました。
彼の1年がどんな1年だったかは僕には分かりませんが、気持ちは分かります。

2009年に起こった出来事で、彼と僕にはある共通点があります。
それは、時期は違うけど、恐らく同じ場所で、そして恐らく同じ強盗に襲われたことです。
そんな事情がありお互い病院送りになり、お互いの旅行を中断するはめになりました。
こんな経験を共有したおかげで、彼に対してはなんていうか、穴兄弟的なあまり大っぴらにできない親近感を抱いています。

理不尽な災害のような経験を振り返って思うことは、お互い障害が残ることなく無事帰国できて良かったね、ということに尽きると思います。
言葉が全く通じず、泥棒が入ってくる病室に突然放り込まれたら、何事もなくただ時間が過ぎるだけでちょっと幸せな気分になれるし、ささいな事でも感謝の気持ちが芽生えます。
こうして考えると、できれば2度と経験したくはないけれど、いろんな意味で良い経験だったのかもしれません。

この1年を振り返ると、強盗に襲われたことがマイナス1なら、その後のVIP待遇がプラス1でプラスマイナスゼロって感じです。
最初の半年はかなり濃密な時間を過ごしたけど、残りの半年はウスウスな時間を過ごし、やっぱりトータルで考えるとプラスマイナスゼロって1年でした。
プラスマイナスゼロの割にはいろんな経験ができたし、いろんな人と出会えたし、一言で楽しい1年だったとは言い表せないけど、良い1年だったと思います。

2010年は、3月くらいまでの流れは自分の中である程度固まっているけど、それ以降は白紙状態です。
できれば、しばらく名古屋を離れようと思っているんですが、とりあえず未定。

何はともあれ、今年1年ありがとうございました。
来年も宜しくお願いします。
それでは、良いお年を!
| NAGOYA | 23:08 | comments(8) | trackbacks(0) |
いたりあ〜の
百年に一度の大不況と言われる昨今、テレビを付けても新聞をめくっても毎日のようにデフレを象徴するような安売りや、失業者の悲痛な姿が取り上げられています。
年間三万人以上の人が自殺し、自殺は日本の風土病という言葉を目にしたりもします。
日本全体が、現在も未来も不安で覆い尽くされているような時代だなぁと感じる今日この頃。

ただ、自分の場合は一方的な自己都合で退職して好きなように放浪してたんで、国が悪い、政治が悪い、時代が悪い、なんて言えるわけもなく。
むしろ、失業保険もらってフラフラしてても、周りは、こんな時代だからね、と勝手に何かを納得してくれるため、無職の罪悪感があまり湧いてこないというか、童話「アリとキリギリス」のキリギリスみたいな状態になっています。

これまで消費大国と言われた国でも貯蓄に走る人が増えているこの時代に、消費万歳!の国があるそうです。
先進主要国では唯一と言ってもいいようなこの国、イタリアは多くの人がイタリア人らしくオシャレして、レストラン行って、口説き、口説かれという生活を楽しんでいるそうです。

さすが、首相がスキャンダルまみれになっても支持率が下がらない国だけあります。
イタリア人って男女ともに格好いい人が多いけど、男は内面も外面も濃い人が多いからちょっと苦手なんですが。
でも、恋愛、食事、芸術、旅行、そういったものに付加価値を見つけて人生を楽しめるのは、素敵な生き方だなとも思います。
日本でもそんな生き方をできる人が増えれば、年間自殺者が三万人を超えるような異常な数字も減少すると思うんですが。

僕自身はイタリア的な生き方は日本人なんで求めていないけど、日本的な、お金の使い方や生き方がカッコイイ粋なおっさんになりたいなと思います。
無職なんで贅沢なんてできるわけもなく、財布に5百円玉が入ってるとちょっと嬉しくなる30歳ですが、粋なおっさんになるため日々フラフラしています。
| NAGOYA | 22:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
KINDNESS

 「30歳、無職ってどーよ?」と、29歳の頃は思い悩んでいたんですが、実際に30歳になってみるとあまり気にならないことに気付きました。

無職ですが、30代はこんな人間になりたいっていう理想像は一応あります。

5年ほど前、オーストラリアの下のほう、VIC(ビクトリア州)とNSW(ニュー・サウス・ウェールズ州)の州境を自転車で走っていた時のこと。
Cann Riverという町というか、村というか、集落というか、とにかくそんな規模の町にあるキャラバンパークに泊まりました。

そこのキャラバンパークにはもう一人、キャンピングカーで旅行をしているオーストラリア人のおばちゃんが泊まっていました。
僕がこのキャラバンパークにたどり着いた時、キャラバンパークのスタッフは職場放棄していて誰もいない状態だったため、先に到着していたおばちゃんはキャンプサイトにキャンピングカーを、僕はテントサイトに勝手にテントを組み立て人が来るのを待っていました。

しばらくしてキャラバンパークのオーナーらしき人がやってきたので、おばちゃんと二人、チェックインをするためにレセプションへ。
レセプションでお金を払おうとしたら、突然おばちゃんが「この子の分は私が払うわ」と、一泊分の代金を払ってくれました。

唐突だったため、ありがとう、というよりはなぜ?という気持ちの方が強く理由を聞いたら、

「娘が日本へ行って、そこでアメリカ人と結婚したの。でも、旦那は転勤が多くって、フランスに行ったりして大変らしいのよ」

っていう返事でした。

いや、そんなこと聞いてないし、と思ったんですが場の雰囲気の流れでこの話は終わってしまいました。

テントに戻り、シャワー浴びたり洗濯したりした後にもう一度おばちゃんのところへお礼に何かできることはないか聞きに行ったところ、

「いいのよ。私も旅行が好きで、旅行している時はホントにたくさんの人に助けられたから」

と言ってくれ、続けて

「私には何もしなくていいから、その代わり、もしあなたが困っている人を見かけたら私の代わりに助けてあげて。そうやって思いやりの輪を広げていけば、もっと世界は素敵になると思わない?」

と言われました。

このおばちゃん、エレンっていう名前なんですが、エレンおばちゃんからこの話を聞いた時は「自分ってなんて小さいんだろう、もっと周りの人に優しくしないと」と、猛烈に反省しました。
そんな反省や謙虚な気持ちも、時間がたつと家出が好きな奔放な猫のようにどこかへ行ってしまいました。

結局、20代はエレンおばちゃんの言いつけはあまり守れず、周りの人の世話になりっぱなしで周りへまわす思いやり、ずいぶん貯まってしまった気がします。
あれから5年近く経ち少しは大人になったと思うんで、30代はエレンおばちゃんが言っていた人物像に少しでも近づけるようになれればと思っています。

| NAGOYA | 23:40 | comments(4) | trackbacks(0) |
三十路ボンバイエ

座右の銘の「人生楽しんだ者勝ち」、「なるようになるさ」そのまんまの20代が過ぎ去り、30歳になりました。

20代前半の頃は、30歳の自分はもう少し大人だろうと思っていたんですが、これまでもこれからも、しばらくは30代らしからぬ落ち着かない生活を送ることになりそうです。

大輪の花を咲かせて四十路を迎えるため、三十路ボンバイエな30代でいこうと思います。

| NAGOYA | 23:53 | comments(6) | trackbacks(0) |
暮来月
暮来月(12月)になりました。
残り少ない秋の香りと彩りを求めてフラフラしています。


紅葉- 鶴舞公園


紅葉- 鶴舞公園


紅葉- 徳川園


紅葉- 徳川園


紅葉- 徳川園


紅葉- 養老


紅葉- 養老


紅葉- 養老


紅葉- 養老


紅葉- 養老


| NAGOYA | 23:40 | comments(4) | trackbacks(0) |
前世インド人です
 シャカシャカシャカ、カチャカチャカチャ、こんな感じで、パチカで遊んでる今日この頃です。

パチカは、アサラト、テレビ、ケスケスなどなど、別名がたくさんあるアフリカの民族楽器です。
言葉の響き的にパチカが好きなんで、僕はパチカと呼んでます。
パチカの形状は、名前から推測してください。

ディジュリドゥ、パチカ、ジャンベ(持ってないけど)、こういった民族的な楽器が好きなんです、実は。
でも、周囲にこういう楽器をやってる人が全くいないし、興味を示してくれる人も全くいないため、一人遊び状態です。
そのため幅が広がりにくいため、なかなかうまくなりません。
僕自身が真剣にやってないっていうのも、うまくならない理由なんですが・・・。

パチカも最近やり始めたんで初心者全開なんですが、フリップヘリコプターなど「超」が付くほど基本的な技でもなんとなくできるようになると、その日1日が幸福感に包まれた日になります。

ただ今の時代、周りからは理解されにくい自分の世界限定の幸福に浸ってる場合ではないみたいです。

最近、「お前、大丈夫なの?」、「ホント、頑張って!」、「こういう仕事はどう?」といった具合に、何人かの友人から励まされたり、心配されたりしています。
あまり実感がなかったんですが、今の僕の状況って結構危ういみたいです。

こういう励ましに応えるためにも、30歳を機に社会復帰を目指していこうと思います。
これまで人類や社会に対して心のシャッターを閉ざしてるところがあったんで、三十路を迎えたらもう少し周囲に関心を持って接していこうと思います。
日本の時間の流れにズレを感じても、今までは自分の前世インド人だからズレがあるのは仕方ないって思ってたけど、考えてみれば日本社会に順応して頑張ってるインド人もたくさんいるわけで、僕ももう少し社会に順応していこうかなと。

こんな感じで色々と考えた後、結局ディジュやパチカ、ギターに手が伸び、演奏というには程遠いレベルだけど無邪気に楽器の音を楽しんでます。

社会復帰はいつになるか分からないけど、励ましてくれたり、心配してくれてる友達には感謝です。
| NAGOYA | 22:35 | comments(4) | trackbacks(0) |
FRIENDS
僕には両想いの親友が3人います。

誤解がないように断っておきますが、愛情の両想いではないです。友情の両想いです。
僕は同性愛者ではないし、三股をかけてるわけでもありません。

1人は小・中学校からの友人。
1人は高校からの友人。
1人は大学からの友人。

先日、この中の高校からの友人が結婚しました。

この人、以前は「俺は結婚に興味ない」、「一生、独身でもかまわない」と公言していました。

彼の性格を知る僕も、(この人は結婚しないだろうな、僕は結婚して幸せになるけどね)と秘かに思っていました。
ところが、実際はすてきな花嫁を見つけて僕より5年も早く結婚してしまいました。
(僕の結婚予定年齢、35歳なんで)

結婚が決まって最初に話を聞いた時、もちろん祝福の気持ちもあったけど、正直意外な気持ちもありました。
結婚を決意した理由を聞いたところ、

「これからの人生で、あいつ(奥さん)より信じることのできる女は絶対に現れないって言えるから。だから結婚することにした」

という返事でした。

身も心も一人っ子の自分には、刺激の強い話でした。

僕の恋愛観・結婚観は、個人差はあるだろうけど、愛情や情熱はいずれ冷めるものだと思っています。
大切なのは、愛情や情熱が鎮火した後に何が残るのか。
何も残らない人たちは、別れたり、お金や子供に一緒にいる理由を求めるのではないかと思います。
価値観は人それぞれなんで、こうした状態を否定する気も肯定する気もないけど、ただ、あんまり楽しくはないだろうなと。
結婚以前に、彼女も長年いないんであまり偉そうなことも言えないんですが・・・。

逆に、燃え尽きた後、焼け跡に信頼や絆が残る人たちはきっと素敵なパートナーになると思います。
友人と奥さんがどれくらい激しく燃えているのかは僕には分からないけど、今の時点でしっかりした信頼関係をお互い築き上げているし、きっと周りが羨むような夫婦になると思います。
これから先、子供が生まれて夫婦から家族になっても素敵な家庭を築き上げていけると思います。

改めまして、結婚おめでとう!
お二人の末永い幸せを心より祈っています。
| NAGOYA | 23:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
裸族
 靴下をはく時に感じる、お腹のつっかえに食欲の秋を感じる今日この頃です。

先日、アメリカのとある男性が在宅中に裸でコーヒーを飲んでいたら、通行人の女性に通報され逮捕された、という記事を目にしました。

この男性の真意は分かりませんが、家にいる時間を裸で過ごす気持ちはなんとなく分かります。
僕も一人暮らしをしている時は、裸族でした。
もちろん、窓から見えないようにカーテンは閉めていましたが。

裸族になったきっかけは、高校時代だったと思います。
親に「いい加減にしろ」と怒られながら、真冬の夜中に窓を全開にして裸で寝ていました。
布団や毛布にくるまってはいたんですが、窓は開けて、全裸でした。

親には、「これは訓練だからしょーがないし」って言っていたような記憶があるけど、何の訓練かはよく覚えていません。
12年前の自分に、一体何を目指していたのか聞いてみたいです。

多分このことがきっかけとなり、一人暮らしを始めてからは度々、家の中では裸で過ごすようになりました。

オーストラリアをチャリで旅行している時も、満天の星空の下、だだっ広い大地の上で裸体で立ションしてました。
わざわざ服を脱いでオシッコをしに行ったわけではなく、テントの中があまりにも暑く裸で寝ていたので、服着るのも面倒だし、人もいないし、まぁ、いいか、という事情があっての行動なんですが。

それでも、「俺は自由だー!」と感じる瞬間でした。
女性の理解は特に求めていないけど、男性には僕の言いたい事は分かってもらえると思います。

最後に、いちおう一言。
僕は変質者ではありません。
裸でいる時の自由を感じる瞬間が好きなんであって、自分の裸を他人に見せたいという欲求はないんで誤解のないように
| NAGOYA | 22:19 | comments(3) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new | 3 / 4pages | old>>