Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
1周年
1周年とはいっても特に何かめでたいわけではないんですが、そーいや丁度1年前に骨折ったなと。
伊豆に来て知り合った友人が、10年近く前、北海道のニセコだか留寿都だかでスキーのインストラクターをやってました。
元々北海道の人間なんでスキーは身近だったそうですが、僕と同じようにスキーでひざを骨折。
友人曰く、怪我する前の状態に回復するまでに、3、4年掛かったそうです。
確かに僕のひざも日常生活に支障はないし多少の山は登れるようにはなったけど、怪我する以前の状態にはまだまだって感じです。

それでも懲りずに、今シーズン初滑りに行ってきました。
周囲の人には、怪我しないように、また怪我しに行くの、といった感じで、怪我する事が前提みたいな声を掛けられました。

今回は、1年前まで住んでた長野の町にあるスキー場に。
同じ会社が運営している他のスキー場で友達が働いていて、その友人が時間あいてるから、と付き合ってくれたおかげで従業員割引き的な感じでかなり安く滑ることができました。

インストラクターではないけど、友達もそこそこ滑れる人なので一緒に滑ってる際に色々とアドバイスをしてもらったんですが。
「右のターンはいいけど、左のターンの時、左足が流れてるよ。左のひざを怪我したせいかな」、と言われたり、僕自身も左足がどーも気になって。

名古屋でいつも髪を切ってもらってる美容師のおっちゃんも若いころスキーで靭帯を痛めたそうですが、おっちゃんに、怪我した時と似たような状況になると体が反応するから気を付けた方がいいよ、と何回か言われました。
言われた時はどういう事かよく分からなかったけど、実際に滑ってみると体が硬直してうまく動かなくなることがしばしば。
どうもトラウマになってるみたいです。
元々たいしてうまくはないんで、トラウマになってもならなくてもたいして変わらないんですが、しばらくは中級者コースくらいでフォームを確認しながら滑った方がいいかなと思いました。

ただ、どこのスキー場も伊豆の僕がいる街からはひたすら遠いんで、名古屋に帰った際に日帰りで行くしかないかなと。
歩いてゲレンデに行ける環境にまた戻りたい今日この頃です。
| OTHERS | 23:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
3回忌
先日、親父の3回忌が無事終わりました。
これまで毎年、法要があったけどこれで一息つくかなって感じです。

昨年末、11月中旬くらいから約1ヶ月、おかんが体調を崩しました。
たまたま休みが重なったこともあり、その間3回ほど名古屋に帰ったりしてたんですが12月に帰った時におかんがこんな話をしていました。

風邪のひき始めが特に体調がひどく、高熱がでた際に夢をみたそうです。
その夢にはばあちゃん(母方)と親父が出てきて、まずばあちゃんがおかんに声を掛けました。
「あんたも早くこっちに来なさい」と。

それを聞いたおかんは特に疑問に思う事もなく、あぁ、そうか、私もそっちに行くのか、と2人に向かって走りだしました。
その瞬間、親父に「お前はまだこっちに来るな!あいつ(僕の事)が1人になるだろ」と怒鳴られ驚いたおかんは転倒、そのショックで目が覚めたそうです。

自分でも充分過ぎるくらい甲斐性がないのは自覚してるんですが、そのせいでまだまだ親父にも心配かけてるみたいです。
もうこっちの世界にいないんだし、いい加減、肩の荷おろせよ、と仏壇の前で言ってみたものの、我ながらなんて説得力がないんだろと思わず1人で苦笑いしてしまいました。

2月8日、親父の69回目の誕生日です。
| OTHERS | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
脱殺界
新年、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

ここ4年ほど、運・不運で判断するならなかなかの不運な期間が続いていました。
あまり信じてるわけではないけど、これも大殺界のせいなのか、と思ったりもしていました。

僕の考えとしては、人生の幸福と不幸の総量はイコール関係なのではないかと。
ということは、ライトにしてもヘビーにしてもコツコツと不幸を積み重ねてきた今、幸福の貯金が1億円くらいあるんじゃないかと思います。

そして、不運続きの大殺界も去年まで。
今年は巳年ってことで成長(脱皮)を象徴するような年でもあるし、大殺界も終わったし、このまま幸福な国に行けるような気がしていました。
これから5年くらいは、自分、幸福な国に亡命します、っていう気分で2013年を迎えたんですが。

新年1月1日の夜から、絵に描いたように体調を崩しました。

大殺界の期間中、骨はポキポキ折れたけど体調を崩すということはほとんどありませんでした。

それが新年早々、推定39度くらいの熱が出るし、でも仕事は休めないし、1週間熱が下がりませんでした。
僕は体調を崩しても基本的に薬を飲まないし、病院にも行きません。
そんな自力治癒主義と思ってたよりもブラックだった職場のおかげもあり、平熱まで下がったのは一昨日。
年が明け10日たち、やっと咳や鼻水もおさまりました。

これ、どーいうことなんでしょう。
今年もこんな感じなんでしょうか?
| OTHERS | 20:20 | comments(8) | trackbacks(0) |
33
「そうだ!パンツを買いに行こう!」、と思い立ち下着を買いに行きました。

僕のパンツの歴史を解説します。

記憶にないくらい小さい時は、多分、オムツだったと思います。
小学校時代は、白のブリーフ。
正確な年は覚えてないけど、中学からはトランクスになりました。
そこから30歳までは、トランクス一筋で過ごしてきました。

30歳の時に転機があり、飲み会で同席した女友達に「男の下着はボクサーパンツがいい」と言われました。
その場にいた他の女友達も、「うんそうだね、私もボクサーパンツがいいかな」と。
トランクスはダメなの?と聞いたところ、「え〜っ、いやだ。ボクサーパンツがいい」とのこと。
そうなんだ、今の時代ボクサーパンツが求められているんだ、ということに気付き、トランクスに対して特に主義主張があったわけでもないんでボクサーパンツをはくことにしました。
ちなみに、僕のボクサーパンツ姿もその中身も、飲み会で同席した女友達に見せる事は一度もありませんでした。

しばらくはボクサーパンツだったんですが、最近、ある話を聞きました。
睾丸には、トランクスがいいと。
睾丸は熱に弱いため、風通しの良いトランクスは睾丸に優しい下着なんだそうです。
そして、トランクスだと精子の生産性も高まるんだそうです。
これはあくまでも友達から聞いた噂話であって、医学的事実なのかそうでないのかは僕には分かりませんが。

髪の毛同様に、精子も男にとっては限りある大切な資源です。
今のところ資源の有効活用はできていませんが、今のうちに資源を確保しておくのは将来を見据えたうえで大切なことではないかと思います。
そんなわけで、またトランクスをはくことにしました。

それから、お陰様で33歳になりました。
色々な方からBDメッセージを頂き、ありがとうございました。
嬉しい半面、友達にBDメッセージをあまり送らないんでちょっとした心苦しさもあったりします。
社交辞令的な感じになると面倒なんですが、来年はこういった心苦しさがなくなるようにしていきたいです。

| OTHERS | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
傾向と対策
話は1年ほど前に遡ります。

大学時代から付き合いのある女友達と飲んでる際に、なぜ僕に彼女ができないか、という話に。
彼女曰く、「初対面の女性の8割は、あんたのことゲイと思うからじゃない。だから、彼女ができないんだよ」ということなんだそうです。
「いや、俺めちゃめちゃエロいし、むっつりだけど」と、言い返したところ、「私は付き合い長いから分かるけど、でも初対面の女の子がどう思うかは関係ないでしょ」と言われてしまいました。
続けて、「初対面の女の子にゲイと思われる傾向があるわけだから、対策を立てないと」と言われました。

正直なところ、そんなアホなことあるか、とあまり深く考えなかったんで対策なんて今まで考えた事もありませんでした。

話は現在に戻ります。

伊豆に来て知り合った女の子に、話の流れで上記の話をしました。
その子のリアクションとしては、「そんなことないよ。君は男の子だよ」という様な返答を予想していたというか、当然それしかないだろと思ってたんですが。

「うん、うん、分かる、分かる。特にしぐさなんかはそっちの人っぽいもんね〜!」

・・・・・・、えっ?納得?
いやいやいや・・・、えっ、納得?

30代、最初の衝撃でした。

どうも大学時代の友達が言ってた事は事実のようで、そうやって言われてみれば思い当たることもいくつかあったりして。
バイの女の子に、「今は違うって分かるけど、最初、知り合った時は私たち側の人かと思った」とか、ノンケの女友達にも「気付いてないだけで、多分、そっちの人だよ」とか、それっぽいことはそーいや色々と言われてるなということに思い至りました。

ということは、世界中の初対面の女性の8割にはゲイと思われるってこと・・・?
今こそ対策を考えないといけないんだろうけど、対策として自己紹介の時に名前を言い、ストレートです、女の子大好きです、ってそこまで言わないといけないの・・・?
初対面の子にそんな自己紹介したら、ストレートは証明できても男としてドン引きされるような気がするんだけど・・・。

このブログを読んでくれてるのは付き合いの長い友人がほとんどなんですが、一応念の為に。
僕はストレートです、女の子大好きです。
| OTHERS | 23:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
カテゴライズ
夏の激務のおかげで、1ヶ月ちょっとで体重が8キロ落ちました。
怪我して身動きが取れず体重がちょっと増えたとはいえ、一気にここまで落ちると体が軽い、というよりはだるくなります。

海ってこともあり、日々、水着着用の幸せそうなカップルの皆さまの相手をしています。
世界はこんなに幸せに溢れているのに、俺の幸せはどこ?と人生に疑問を持つ今日この頃です。

こんな感じで基本的には女性とは縁遠いんですが、あるカテゴリーに属する女性には好感を持たれることが多いです。
そのカテゴリーは人妻。

とはいえ、美人人妻との昼下がりのいけないひと時、みたいな関係ではなく、更にグループ分けすると以下のようになります。

人妻1、友達の嫁
人妻2、おばちゃん

要は、好感と言っても男としては扱われてないんですが。

なぜだかよく分からないけど、友達の奥さんに評判が良いんです。
飲みに行く、と言っても良い顔をしない嫁さんも僕の名前を出すと「じゃあ、楽しんで来て」となるんだそうです。
何人かの友達に似たような事を言われたんで、理由はよく分からんけど友達の嫁さんには好意的に見られてるんだなと。

これもなぜだかよく分からないけど、どこに行ってもおばちゃんに好かれると言うか、可愛がってもらってます。
それ自体はありがたい事なんですが、中には結構、ひどい事を言うおばちゃんもいまして。
今働いてるとこのパートのおばちゃんにも、「あんた、おばちゃんには好かれるけど、若い子にはもてないでしょ」と言われました。
かなりお世話になってるパートのおばちゃんなんですが、正直、あまり嬉しくない一言でした。
でも的を得たコメントなんで、これっぽっちも反論できませんでした。

個人的な希望としては、もう少し男として見てくれるカテゴリーに属する女性に好感を持って欲しいです。
例えば、ピンクのナース服着た看護師さんとか、メガネかけた女性教師とか。
心当たりのある人は、宜しくお願いします。

| OTHERS | 23:55 | comments(6) | trackbacks(0) |
SUMMIT TO SEA
やっぱり山の次は、海じゃね?ってことで、現在、伊豆半島の海の見えるペンションで働いています。

伊豆も初めての土地なんで右も左もよく分からない状態なんですが、落ち着いてきたら今度はサーフィンやダイビング等など、新しい遊びもやってみたいと思います。
脚の状態もまだ万全ではないんで、海で遊ぶにしても山で遊ぶにしても9月頃になりそうな気もしますが。

そんなわけで、女性の皆さま、夏を象徴するようなエロい水着を着用して遊びに来て下さいませ。

もう一つ、脚や腰の状態しだいではあるんですが、4 Deserts にいずれ参加したいなぁと考えてます。
できれば来年の秋か再来年の春から、4、5年くらいかけて全レースに参加していこうかと。
とはいえ、ゼロからどころかまだ走ることもできないからマイナスからのスタートになるんで、どうなるか全く分かんないんですが。

どうなるか分かんないけど、まだまだ地球で遊んでいこうっていう気持ちだけはあったりします。

| OTHERS | 00:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
スキーヤー
どうも一部の人に誤解があるみたいなんですが、僕はスキーは下手です。

スキーやってて転んで骨折りました、と言うと「大変だね」と共に「すごいね」的なことを言われることがあります。
何が?と思うんですが、スキーで怪我、しかも骨折、そこそこ重症、ということは競技でもやってるんですか?という感じに話が飛ぶ人がいるみたいで。
確かにスキー初心者のボーゲンでは、転んだくらいでは骨は折れないかもしれませんが。

スキーは高校時代に何回か行ったくらいで、ある意味今シーズンが僕にとってはスキーデビューでした。
中級者コースならなんとかパラレルで滑れるくらいなんで、レベルとしては中級の中〜下ではないかと思います。

レスキューの人に言われたんですが、僕くらいのレベルのスキーヤーの怪我が一番、多いそうです。
スピードはのった状態で滑れるけどコントロールしきれないから、結構な勢いで転んだり何かにぶつかって怪我が大きくなるらしいです。
そんな一般的なセオリーにカッチリはまってしまいました。

知り合いのインストラクターに教えてもらった時も、フォームはまだまだだけど勢いで滑ってるからスピードがかなり出てるし気を付けた方がいいよ、とアドバイスしてもらいました。
とても有難いアドバイスだったんですが、有難いと気付いたのは5日後に骨を折った時でした。

そんなわけで、スキーはたいしてうまくないんです。
せっかくパラレルで滑れるようになったんで、来シーズンも懲りずにスキーは続けていくつもりですが。
| OTHERS | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
個人輸入

個人輸入と言うと専門的な響きがあるけど、要は海外のショップでネットショッピングするだけです。

昨年の秋からまた山に登り始めたわけですが、揃えるのも面倒だしお金もないしってことで高校時代使ってた道具をそのまま使ってました。
当然、15年も前の道具なんで色々と問題があり、特に靴はひどい状態でした。

最初の御嶽山に行った時点で、登りで踵の皮がベロベロになり、下りで小指の外側の皮がベロベロになり、靴のソールもベロベロに剥がれてしまいました。
その後も空木、恵那、伊吹と行ったけど、現地で靴を履いた時点で、あっ、痛いって感じだったんでさすがに無理と思い買い替えることに。

日本で買うとアウトドア用品ってぼったくりだし、せっかくの円高だし、海外のショップで買うとどれくらい価格が変わるんだろうとチェックしてみると、購入できるブランドの制約はあるもののどれも日本の半額近い値段でした。
ショップによっては一定金額以上購入すると輸送費が無料になるし、関税は2、3千円ほどかかるけどこれなら海外で購入した方がいいだろうという結論に。

トラブったら面倒だなと思いつつ、アメリカのショップを2回程利用。
最初の購入では、利用額と請求額が異なり、請求が少なければ黙ってるけど多いし、ちょっとこれどういう事ですか?とメール。
1ヶ月くらい放置されるんかと思ったけど、意外に対応も早く返金も問題なくしてもらいました。

2回目は靴を購入。
できれば靴は試し履きしてから買いたかったんでネットで買うつもりはなかったけど、なんせサイズがなくて。
今まで使ってた靴が、ザンバランのEUROサイズ45。
色々試し履きした結果、同じくザンバランのヴィオーズ・プラスが最高ってなったけど、どこにも45が存在せず。
仕方ないんで他の靴で45を試し履きしたものの、45でも少し窮屈な感じが。
当然、45以上に46なんてないし、もう何か面倒だし、海外はEUROサイズでも0.5単位であるし前回と同じアメリカのショップを利用。

45.5か46で迷った結果、ザンバランの996 VIOZ GTの46を購入、でも届いた商品の箱を見るとEURO47の表示が。
これは、アメリカンジョーク・・・?あんまり面白くないけど、実際は箱の表記は47でも靴は46だろと受け止め、靴を手に取ってみるとやっぱり47の表記が・・・。
絶対に向こうが送料全額負担でサイズ交換させる、と思ったけどせっかく靴は手元にあるわけだし、試しに履いてみることに。
山に登る際、僕は靴下2枚派なんですが、靴下はいてみると思いのほかフィット感が。
実際に山登りに使ってみないと分からないけど、どうも僕の靴の適正サイズ47だったみたいで、交換するのはやめました。
| OTHERS | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
被害者
人が一生の中で犯罪の被害に遭う平均回数が何回かは知りませんが、僕自身は今まで何回か犯罪の被害者になっています。
幸か不幸か、比較的、軽い犯罪ではあるんですが。

自転車をパクられること2回(日本)、空き巣に入られること3回(3回ともオーストラリア)、デジカメをパクられること1回(中国)、ブルガリア人にかつあげされること1回(ブルガリア)、キルギス人にしばかれること1回(キルギス)。

そして今回、また被害者になってしまいました。
実質的な被害は何もなかったんですが、クレジットカードを不正利用されました。

何をどうしたらこんなことができるのか想像すらできないんですが、オンラインショップに登録してたカード情報が盗まれたらしく、知らない人に僕のカードを勝手に使われてしまいました。
突然サイトにログインができなくなり、なぜ?と不審に思っていたんですが、IDやパスワードも書き換えられたみたいです。

幸い、不正利用に気付いたのがカードを使われた翌日で、2件使用されたうちの1件は配達停止が間に合い発送された商品はお店へ返送。
もう1件は配達されてしまい、カード会社に補償してもらうことになりました。
商品発送時の送り先は名古屋の実家だったそうですが、途中、運送会社に送付先変更の依頼があり荷物は東京へ行ってしまったそうです。
この話を聞いた時は、そんなに簡単に送付先変更できていいの?と思ったんですが、よくよく考えてみれば僕の登録してる個人情報は全て盗まれてるわけだから、なりすますことはそんなに難しくないのかなとも感じました。

一部の友人にこの話をしたところ、その中のさらに一部の友人は、僕がエロサイトにカード情報を含めた個人情報を登録したと思っているみたいでどのサイトが危ないか聞かれました。
長年彼女もいないんでエロサイトが体の恋人と思われても仕方ないんですが、僕は今までエロサイトに個人情報を登録したことは一度もありません。

カード会社のセキュリティ担当の人が言うには、最近はこうした被害が増加傾向にあり、MSNのフィッシングメールやiTunesなんかが危ないらしいんですがどちらも心当たりはありません。
ネット通販以外でカードを使うことも皆無なんでスキミングでもないと思うし、被害者とはいえこうしたネット犯罪は僕みたいな素人には全く想像が及ばない世界です。
| OTHERS | 22:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new | 2 / 3pages | old>>