Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
かんとり〜ろ〜ど4 ガール
親父が和歌山の山育ちだったこともあり、小さい頃から親父と一緒に山に登っていました。
高校時代は、山岳会みたいなとこに入って山に登っていました。
高校時代なんで今から15年くらい前になりますが、時代を先取りしすぎたせいか、その当時は山ガールなんていう女の子は存在していませんでした。
山、登ってまっせ!というような、タフなおばちゃんしかいませんでした。

大学以降は自転車旅行に夢中だったせいで、全く山には登っていませんでした。
数年前から山ガールという言葉を耳にするようになり、周りのアウトドア好きの女友達からも、箱根に登ったとか、六甲山に登ったとか、そんな話を聞くようになりました。
それでも相変わらず自転車旅行に夢中で、腰の骨を折ったりしたせいもあり、山ガールの波には完全に乗り遅れてしまいました。

昨年末あたりから、次は川ガール、釣りガールがくる、という話を耳にしたり目にしたりしたけど、根本的に釣りには興味がなかったので自分には関係ないと思っていました。
ところが、移住した先は渓流釣りが盛んなスポット。
あっちにもこっちにも川があります。
だったら渓流釣りを初めて、川ガールと仲良くなって、今度、一緒に岩魚を釣りに行きましょう、そんな波に乗らないと。
と、いうわけで、竿と遊漁証の年券を買いました。

でも、釣りとはあまり接点のない人生を歩んできたので、こっから先、どうしていいか分かりません。

一回だけ、職場のペンションに滞在してた人に渓流釣りに連れて行ってもらいました。
行くには行ったんですが、釣りに行った時間の7割は糸と針と枝との格闘で心が折れかかりました。
釣りの世界から、ちょっとだけ引退したくなりました。
結局、1匹も釣れなかったけど、やってみると結構、夢中になり4時間近く川で糸を垂らしてました。

何も釣れなくてもそこそこ楽しかったんで、魚が釣れたら相当嬉しいだろうなと思うんですが。
問題は、川ガールも釣りガールもどこにもいなかったけどこれはどーいうことなんでしょう?




| NAGANO | 22:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど3 ハーベスト
スーパーマリオでもこんなキノコ食べたら死ぬだろ、というようなキノコを貰いました。

このキノコを見つけた人も、ストレートなキノコか毒キノコか知らなかったみたいで、
「これ、試しに食べてみてよ」
「いや、絶対無理ですって、死んだらどーするんですか」
「いいじゃん、食べてみたら分かるんだから。意外に美味しいかもよ」
「意外にって、予想通り毒キノコだったら俺の命はどーなるんですか」

こんなやり取りした後に、お迎えのペンションのオーナーさんがキノコ採り名人ということでご教授して頂きました。
このキノコ、アミガサタケというキノコで、日本では食材としてあまり出回っていないけどヨーロッパではいい値段で取引されているプチ高級食材だそうです。
桜の木の下からニョキニョキ生えてきて、香りや味が濃いからクリームシチューなどの料理に合うそうです。

ゴーサインが出たんで、食べてみることにしました。
クリームシチューにするのは面倒だったしなんせ1本しかなかったんで、4等分に切ってマッシュルームを加えてアヒージョっぽくしてみました。

オリーブオイルとの相性も良く、食感も味も香りもしっかりしていて、個人的には美味しいキノコだなと思いました。

一回煮てから乾燥させると、長期の保存も効くそうです。
ただ、生で食べたり傘が崩れているやつは中毒するらしいんで、注意が必要。

こんな感じで、ちょっとずつ山のレシピを増やしていきたい今日この頃です。



アミガサタケ -- 意外に美味しいです
        人類で一番最初にこのキノコを食べた
        人はすごいと思います


わらび -- 地面からウネウネ生えてきてるけど、
      わらびも都会で買うと高いんだそうです

| NAGANO | 00:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど2 山賊
食材調達のため、地元の人に連れられ山へ山菜取りに行ってきました。
熊が出るとか、マムシが出るとか、蜂が出るとか、色々と言われていたので元都会人としては命がけのミッションだなと思っていたけど、かるい宝探し兼ハイキングって感じで意外に楽しかったです。

山菜については無知なんで、どれを見ても同じ草にしか見えませんでした。
そのため一緒に行った人に、「ほら、そこそこ」、「そこだって」、「目の前にあるでしょ、踏まないでよ」と言われても、どの草の事を言っているのか全く認識できませんでした。
地元の人は、山菜がぴか〜!って光って見えてるのか?と思えるほど簡単に山菜を見つけてて、尊敬はしないけどすごいなぁという気持ちになります。

話の中で、「山賊が来るよね」という内容が。
えっ、山賊?南米や東南アジアでは山賊が出るっていう話は聞いたことがあるけど、日本にもいるの?
と率直に受け取ったんですが、いわゆる山賊ではないそうです。

僕だけかもしれませんが、都会にいると山は皆のもので、個人の私有地っていう感覚があまりありませんでした。
でも山にも地主さんはいて、個人の山に無断で入って山菜や茸を勝手に取っていくのは当然、泥棒行為になります。
そんな泥棒行為をする人たちのことを、ここでは山賊というそうです。
山菜だけでなく、庭に置いてある石なんかも勝手に持って行ってしまう人もいるそうです。
山菜取りに連れて行ってくれた人に、どこの山が誰のものか分からないうちは1人で山菜取りに行かない方がいいよ、と忠告されました

山賊は名古屋からも結構来てるらしく、フル装備(ここでいうフル装備がどういった装備なのか、僕にはよく分かりませんが)でやって来て、ある時はグループで、ある時は個人で、山菜をかき集めていくらしいです。
畑から野菜や果物を盗んだり、コンビニで万引きしたりするのと同じような事になるんでしょうか。

ちなみに、この辺は冬場、融雪剤がまかれているため道路脇に生えている山菜には何かが染み込んでて、体にはあまりよくないから取らない方がいいと言われました。
「何か」は、化学物質系の名前だったと思います。
山菜トークは僕の知らない言葉の連発だったんで、山賊の件くらいしか記憶できませんでした。

 うど-- むか〜し、酢味噌で和えて食べたような気がします
         きんぴらにしても美味しいって言ってた気がします

 こごみ-- 左側のぱか〜っ!と開いたのはダメらしいです
             右側のくるっ!と丸まっているのがいいそうです

 こしあぶら-- 天ぷらにしてもらい食べました
         ちょっとビターでアダルトな味です
        
| NAGANO | 22:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど1 脱名古屋人  
本日、転入届を提出してきました。
これで、今日から身も心も長野人です。
長野の皆さま、宜しくお願い致します。

只今、長野の山奥のペンションで働いています。
名古屋からは交通手段にもよるけど、だいたい2、3時間ほどの距離。
季節限定で?とよく聞かれますが、一応、正社員で末永く働くつもりではいます。
なんせ、長野人なんで。

移住してまだ1週間経ってないせいか、数字の感覚が名古屋とはちょっと違う気がします。
今住んでるところ、標高1500メートルでこの時期でもちょっと寒いです。
冬はマイナス20℃くらいまで下がるそうです。
最寄りのスーパー、駅、コンビニまで約30キロ。
マクドやモスまでは70キロほど。
僕が知らないだけで、もっと近くにあるのかも知れませんが。

その代わりと言っては何ですが、蕎麦屋さんは都会のセブンイレブンくらいの勢いであります。
こっちに来て知ったんですが、長野って酒造数も全国2位とか3位とからしく、酒造の看板もよく見かけます。

蕎麦すすりながら日本酒って、大好きです。
ただ、車がないとどこにも行けないんで、蕎麦&日本酒のセットで楽しむことはここでは難しそうです。







| NAGANO | 00:40 | comments(4) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new | 2 / 2pages | old>>