Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
お風呂の流儀
割と温泉は好きな方だと思います。
日帰り温泉に1人でフラッと行く事もあれば、山に行った後は必ず立ち寄るし、友達と年に1、2回男だらけの温泉旅行に行ったりもします。
そんな普通に温泉好きな僕ですが、今のところ女湯には一度も入った事がありません。

だから女湯の現状は知りませんが、男湯に関しては入浴者は2つの人種に分けられる気がします。
一つはタオルで下半身の前を隠すタイプ、もう一つは隠さないタイプ。
ちなみに、僕は後者です。

別に自慢の息子を周りのみなさんに紹介したいわけではありません
うちの子はせいぜい偏差値55くらいで、塾に行けば60くらいになるのにっていうレベルだと思います。

僕はド近眼で、裸眼の視力が両目で0.01〜0.03程度です。
基本、お風呂は裸眼で入るんでかなりぼんやりした世界で入浴することになります。
僕に限らずみなさん似たようなものだと思うんですが、人間は主観的なところがあり自分が見えている世界イコール周りが見えている世界と思いがちではないかと。
僕の場合は、ぼんやりした世界を周りの人と共有しているような気分になります
これは僕だけかもしれませんが、周りがはっきり見えないと周りに対する関心が低くなります。
関心が低くなると、周りに人がいても1人でいるような気分になります。
そうなるとわざわざタオルを腰に巻いたりするのも面倒なんで、結果、裸族の状態でお風呂場をウロウロしています。

温泉で前を隠すか隠さないかなんて話は滅多にしないんですが、一応、対外的には、日本男児として威風堂々とお風呂に入るため、と言ってました。
先日、そんな威風堂々という言葉にぴったりくる人を発見。
そこはシャワーなどがプッシュ式で、一回押すと10〜20秒程度お湯が流れて勝手に止まるタイプでした。
何回も押すのが煩わしかったのか、その方、立ち上がり片足をあげてプッシュするところに足をのせシャワーを浴び始めました。
ここまでは僕でも理解できる行動だったんですが、なぜかその方はこっちを向いてシャワーを浴びてるんです。
普通、鏡というか壁を向いて体を洗ったりシャワーを浴びたりすると思うんですが。
正対ではなかったんで目の前で色々と強調されたわけではないし、一体、何アピール?という疑問はあったけど、若干怖かったんであまりその人の方は見ないようにしていました。
でも今思うと、男らしいシャワーの浴び方だなと、威風堂々とした人だったなと。
ただ、いくらぼんやりした世界にいるとは言え、あそこまで威風堂々とシャワーを浴びる事は恥ずかしすぎて今の僕にはとても真似できません。
| OTHERS | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
選択肢
他人とじっくり比較したことはあまりないんですが、比較的、僕は毛深い方だと思います。
沖縄人のウデ毛ほどワイルドではないし、イタリア人の胸毛ほどはじけた感じではないんですが、名古屋人にしてはそこそこだと思います。

そんな、比較的、体毛が豊富な僕なんですが、最近、体の一部の毛が勝手に脱毛していきます。
原因は、不明です。

両手の甲の部分と、左脚のすねの部分なんですが。
左脚に関しては、1年ちょっと前に骨を折ったせいで未だにむくみが残ってるし、血行が悪いせいで毛が抜け落ちたのかと推測。
でも、それならもっと前から脱毛が始まってもよさそうだし、なぜ今?という疑問も。

次に考えられるのが、骨を折ったせいで歩き方に変な癖がつき、そのせいでズボンと摩擦して毛が擦り落ちたのかと。
それはそれで間違ってはいないような気がするものの、じゃあ、両手は?という疑問が。

色々と考えたんですが、人体に関しては素人なんで考えても分かるわけがないし、これはストレスのせいだ、と僕の中で結論付けました。
程度があっさりしていれば、「ストレス」という言葉は万能薬的な力があるような気がします。
とりあえず、ストレスのせいだ、と言っておけば本人も周りもよく分からないけど納得という感じで。

ストレスによる脱毛と言えば、髪の毛が大量に抜け落ちたり頭部の円形脱毛症などが思い浮かびます。
手の甲やすね毛なんてあるんか?という疑問もあるんですが。

きっと、僕の中でストレスが溢れ返り、僕の中のなにかがとりあえず毛を抜いとくか、と決め、数ある部位の中からとりあえず左脚のすねと両手にしとくか、と決めたんかなと。
正直、ナイスチョイス!と僕の中のなにかを褒めたいです、本当にストレスが原因ならですが。

30代を生きる男にとって、髪の毛はますます貴重性を高めていく重要な資源だし、そんな貴重な資源がストレスとかいうよく分からないものに乱獲されたら途方に暮れるような気がします。
自分の体で、今何が起こっているんだ?と。

そう考えると、選ばれたのがすねと両手で良かったと思います。
ただ、他の部位は相変わらずそこそこなんで、目立ちます。
お金がなくて、体の一部しか脱毛処理できなかったような感じになってます。

| OTHERS | 23:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
Mt.16 鍋割山〜雨山峠〜棚沢ノ頭〜丹沢山〜塔ノ岳(県民の森)
今回のルートは丹沢らしくなく、丹沢主脈に出るまでは誰とも会わず静かな山歩きでした。
自分の殻に引きこもって歩いてる僕にとっては、素敵な環境でした。

棚沢ノ頭経由で丹沢主脈に出てからすれ違った人たちに、どんなルートを歩いてきたか尋ねられたんで「県民の森から・・・」と答えたところ、「そのルートは行った事ないな、どんな感じだった?」 と、色々と聞かれました。
確かに、一般登山道ではあるけど全く人と会わなかったし、マイナールートみたいなんで今回はルート情報を書いてみます。

県民の森〜後沢乗越〜鍋割山
面倒なんで、省略します。

鍋割山〜雨山峠
鎖場が幾つかあるけど、特に問題はないと思います。
鍋割山から雨山峠に向かう場合は、最初の鎖場が一番、難易度が高いです。
傾斜はそんなにきつくないんで高度感はあまり感じないけど、長いです、多分、20〜30m くらいあります。
それから、ザレてるんでズルズル滑るとこが厄介です。
鍋割山からだと下りになるんで、特に注意した方がいいです。

雨山峠〜雨山橋
危険箇所は特にないです、天気が良ければ。
道幅が狭く沢沿いを歩くため、大雨の後など増水した場合は危険です。

雨山橋〜熊木沢出合
遠くから眺める感じになるけど、熊木ダム、エメラルドグリーンです。
噂の梯子で崩落した橋に登り、そのまま道なりに行くとお手製っぽい棚沢ノ頭への標識があります。

熊木沢出合〜棚沢ノ頭
一般登山道ですが、あまり人が入ってる感じはしません。
場所によっては、踏み跡が不明瞭な箇所もあります。
一方で、踏み跡があっちにもこっちにものびてて、「うん?どっち??」というようなとこもあります。
棚沢ノ頭の手前あたりは、トゲトゲした植物がチクチク攻撃してきます。
標識はなかったけど、テープやリボンはあるんで道迷いの心配はないと思います。

棚沢ノ頭〜塔ノ岳
省略します

塔ノ岳〜小丸尾根〜県民の森
小丸尾根で追い越した方たちは、皆さんなぜかカップルでした。

男「あと少しだから、頑張れ!」
女「うん、頑張る!」

というような、微笑ましいけど何となく腹立つやり取りを耳にしながら下山しました。

県民の森 5:10 - 後沢乗越 6:05 - 鍋割山 7:05 - 雨山峠 8:15 - 熊木沢出合 10:00 - 棚沢ノ頭 11:55 - 丹沢山 12:55 - 塔ノ岳 13:50 - 小丸尾根分岐 14:15 - 県民の森 15:45











| Mt. | 22:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
Mt.15 三ノ塔〜新大日〜塔ノ岳〜鍋割山(大倉)
鍋割山と言えば、と聞かれたら丹沢が好きな人ならたいていは鍋焼きうどんと答えると思います。
山頂の山小屋で鍋焼きうどんを食べれるんですが、山の上で鍋焼きうどん、っていうミスマッチがいいのか、それとも感動するくらい美味しいのか、理由は分からないけど鍋割山に行くなら鍋焼きうどんを食べておかないと、っていう雰囲気が多少なりともあるような気が。

実際、僕も鍋割山に行ったら食べようかな、どうしようかな、と思い悩みました。
山頂では鍋焼きうどんを食べてる人もいたし、見てると美味しそうではあったけど。
山小屋の前で、食べた方がいいのかなぁ、食べようかなぁ、と10分くらい悩んだ結果、やめました。
好天で暖かく、その上、5時間以上歩いた体にはちょっと熱いでしょ、鍋焼きうどんは・・・、という理由もあり、千円出してまで火照った体で食べたいか、鍋焼きうどんを、という貧乏性的な理由もあり、考えてるうちに面倒くさくなってきたっていう理由もあり、またの機会でいっかっていう事になりました。

元々、ご当地グルメ的なこの場所だからこそ食べれるもの、にはあまり興味がないもんで・・・。
徳島でのラーメンも僕1人だったら、多分、口にすることはなかったと思うし、長野の山菜や蕎麦、猪肉、伊豆の魚介類も自分から率先してどこかに食べに行った事は殆どありません。
それでも口にする機会に恵まれているんで、良い環境にいるのかなと思いますが。

代わりにと言うのも変だけど、下山後、ビール風呂に入りました。
牛乳風呂みたいに実際にビールを入れるお風呂もあるそうですが、僕が入ったお風呂はノンアルコールでした。
ホップが主成分になるらしく、肌を引き締める効能があるそうです。
説明書きのところに入浴剤も販売してるって記してあったような気がするんで、興味がある人は試してみて下さい。
どっかで売ってると思うんで。

秦野戸川公園 6:10 - 牛首 7:10 - 三ノ塔 8:35 - 新大日 10:00 - 塔ノ岳 10:55 - 鍋割山 12:05 - 二俣 13:30 - 秦野戸川公園 14:35 




























| Mt. | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
VOYAGE 3 徳島県
渦潮を観よう!というわけではないけど、徳島県の鳴門に行ってきました。
行きの大鳴門橋でも帰りの大鳴門橋でも、渦らしいものは全く見えませんでした。
ホテルに渦潮の時刻表みたいなものがあったので、それに合わせて見に行けばよかったんですがなんか面倒で。

結局、何をしに行ったんだろうと思い返してみると、淡路島で玉ねぎラーメンを食べて、徳島で徳島ラーメン食べたから、ラーメンを食べに行ったんか、という結論付けに。
ラーメン通というわけでもないんで味はよく分からないけど、個人的には淡路の玉ねぎラーメンの方が好みです。
玉ねぎラーメンは、徳島ラーメンみたいに独特のこだわりがあるようには見えず、ただ普通のラーメンに玉ねぎがどかっ!とのってるだけのような気もするけど、あくまで個人的な好みなんで。

各国の窓口である空港はその国独特の匂いがする、例えば日本は醤油の匂い、っていうような感覚なのか、淡路島は玉ねぎの匂いがするっていう話を聞きます。
本当に玉ねぎの匂いが島中に漂っているのか検証するため、洲本ICから東浦まで下道で窓を開けて走ってみました。
走ってみた結果、僕の嗅覚によると、玉ねぎの匂いは全然しませんでした。
噂を信じた僕の一方的な偏見で淡路島は一切悪くないんですが、ちょっとがっかりしました。
さすがザ・玉ねぎの島、という変な期待があったもので。
実際、上記の玉ねぎラーメンにしても玉ねぎせんべいにしても、なかなかできる子で僕は好きです。

ちなみに、鳴門はスダチの国です。
スダチ茶、スダチ酒、スダチのシャーベット等々。
スダチ茶は、オリジナリティのあるこぶ茶のようでした。
スダチ酒は、炭酸の抜けたスプライトのようでした。
スダチのシャーベットは、なんか、酸っぱかったです。
| VOYAGE | 21:29 | comments(4) | trackbacks(0) |
Mt.14 畦ヶ丸〜加入道山〜大室山〜犬越路〜檜洞丸(西丹沢自然教室)
大室山頂上付近で、あっちもこっちもバイケイソウとトリカブトが植生していました。
植物には詳しくないんで、多分、バイケイソウとトリカブトと思うんですが。
どちらも毒系の植物で、特にトリカブトは植物界最強の呼び声も高い草です。

バイケイソウは山菜のオオバキボウシ、トリカブトは薬草のゲンノショウコに似ているため、誤食して中毒を引き起こす人もいるそうです。
オオバキボウシはよく分からないけど、ゲンノショウコは僕が住んでいる近隣でもよく見かけます。
時期によってはゲンノショウコの葉には赤紫の斑点があり、トリカブトと見分ける手がかりの一つになります。
赤紫の斑点が毒々しく、見た目はトリカブトよりも毒っぽいけど、れっきとした下痢や腹痛に効く薬草です。
僕も一房取ってきて乾燥させ、いつでも煎じて飲める状態にしてあるんですが、おかげさまで腹痛や下痢を患う事もなく健康体なんで口にする機会がありません。
何ともない状態で飲んでもただの苦い液体だろうし、好んでまずい物を口にしたくはないんで。

長野に移住した当初、地元の人にスイセンの葉をニラと間違えて食べないように、と幾度か注意されました。
ニュースでもたまにやってるでしょ、と言われたんですが、名古屋で、ニラとスイセンを誤食して食中毒が発生しました、なんてニュースは一度も見た事がありません。
そもそも、ニラってスーパーにあるんじゃないんですか、という素朴な疑問も。

先日、見ず知らずのおばちゃんと山菜を採りました。
ノビル、アサツキ、ヨモギ、ワラビ、それからミツバ。
山菜採りと言えば聞こえはいいけど、要は草や葉っぱを採ってただけなんですが。
通常のノビルがBカップくらいとすると、Gカップくらいあるノビルを発見。
喜び勇んで採ろうとしたら、おばちゃんに、それはスイセンだから駄目だよ、と言われました。
なるほど、こうやって人は食中毒を起こすんだな、となんか納得しました。
おばちゃんには、ノビルとスイセンを間違える人はあまりいないよ、と付け足されましたが。

ちなみに、今回のルートは丸太橋あり、鎖場あり、はしごあり、それから渡渉っぽいこともありで楽しかったです。

西丹沢自然教室 5:35 - 畦ヶ丸 7:45 - 白石峠 9:15 - 加入道山 9:40 - 大室山 10:45 - 犬越路 12:10 - 熊笹ノ峰 13:50 - 檜洞丸 14:35 - 西丹沢自然教室 16:45






























| Mt. | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mt.13 塔ノ岳(大倉 1491m)
今回はちょっと違った形で楽しもうと思い、ナイトハイクしてきました。
徹夜で山登りはしたくないなと思ったんで仮眠しようとしたんですが全く眠れず、ほぼ徹夜状態で登ることに。
ある意味、一番、神経を使ったのは帰りの車の運転だった気がします。

天気も良く、月も三日月だったおかげで星空やら、夜景やら、御来光やら、富士山やら、思ってた以上に色々と楽しむことができました。
夜景を撮ろうと僕なりに頑張ってみたんですが、カメラの設定もよく分からんし、何より三脚が欲しいなと。
撮れないのに夜景撮影に夢中になったせいで危うく日の出に遅れそうになり、頂上付近は駆け足で登る羽目になり疲れました。

日常生活の中で光の癒しを感じることはあまりないけど、夜の山に入ると空の星明り、地上の街の明かり、こうした遠くて仄かな光に心が癒されます。
勿論、ヘッデン持参なんで、星明りや夜景を頼りに歩いているわけではないんですが。
ヘッデンの他に何の明かりもない所から、天地の光が見えるところに出ると何となくホッとした気持ちになります。

一方で、暗闇の中、ヘッデンの明かりも消してボ〜ッとしてると周囲の闇や空気に溶け込むような感覚になり、妙に気持ちが落ち着きちょっとしたスピリチュアル的な感覚に。
もっとも、藪の中でガサガサって音が聞こえると、!? クマ!? クマ!?  ベル!!  ベル!! ちり〜ん ちり〜ん っていう感じで程度の低いスピリチュアルではあるんですが。

秦野戸川公園 1:25 - 駒止茶屋 2:45 - 堀山の家 3:05 - 花立山荘 3:55 - 塔ノ岳 4:20 - 花立山荘 5:35 - 堀山の家 6:10 - 駒止茶屋 6:35 - 秦野戸川公園 7:40












| Mt. | 22:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
Mt.12 塔ノ岳〜丹沢山〜蛭ヶ岳(大倉 1491m/ 1567m/ 1673m)
「バカ尾根」こと大倉尾根から、丹沢最高峰の蛭ヶ岳をピストンしてきました。
誰が名付けたかは知りませんが、「バカ尾根」と言いたくなる気持ちは登ってみるとちょっと理解できました。
とにかく階段が多いルートで、疲労も手伝い気分的にうんざりしてくることが幾度か。
なんとなく、階段に向かって「バカ!」って言いたくなります。

とはいえ、あそこまでルートを整備する尽力を考えると、整備に携わった方たちには頭が下がる思いです。
首都圏からのアクセスも良く、丹沢山が百名山ってこともあるのでとにかく人が多い山域みたいだから、あそこまでやらないとオーバーユースで登山道の保持が難しいのかも。
人間が1人でも山に入れば、自然へのインパクトはそれなりにあると思います。
できるだけそういったインパクトを少なくするよう、自然へのリスペクトの気持ちを持って山遊びを楽しんでいきたいと思ってはいるんですが。

いつも平日に山登りをしてるんで人と会う事はあまりないんですが、人気の山だけあり今回は老若男女、色んなタイプの人を見かけました。
その中で、特に印象に残ってる方が2人。
どちらも挨拶程度で特に会話はしてないんですが、2人とも見た感じは70くらいのおじいちゃん。
1人はトレランの方で、登山道を颯爽と駆け下りていきました。
すげーな、あんな風に駆け下りていけるもんなんだと感心しつつ見てたんですが、もう1人のおじいちゃんもある意味感心してしまいました。
こちらの方は、ストックにしがみつくような感じで足をプルプル震わせながら階段を一段一段降りてました。
この先、下山できるの?と見てるこっちが不安になるような足取りだったけど、それでもゆっくり一歩一歩確実に前に進んでる姿を見てると、何でもとは言わないけど、気持ちさえあればある程度のことはできるもんなのかなと感じました。

秦野戸川公園 6:05 - 駒止茶屋7:10 - 花立山荘 8:15 - 塔ノ岳 8:45 - 丹沢山 9:45 - 蛭ヶ岳 11:30 - 丹沢山 13:00 - 塔ノ岳 14:10 - 花立山荘 14:35 - 駒止茶屋 15:25 - 秦野戸川公園 16:25












| Mt. | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mt.11 天城連峰 八丁池〜万三郎 (天城縦走路1123m ・ 1405m)
今年一発目の山遊びに行ってきました。
去年同様に、シーズン最初の山は天城へ行く事に。

去年は天城高原GCから万二郎岳、万三郎岳の周遊ルートを歩いたけど、今回は反対側の天城峠から八丁池を経由して万三郎のピストンへ。
わりと一般的なルートだとは思いますが、たいていの人は縦走するみたいでピストンする人はあまりいないみたいです。
実際歩いてみると、距離があるうえに眺望はないし単調なんで確かに行ったり来たりするのはしんどいかなと思います。
今回は距離を歩きたかったんで、僕としてはそれなりに楽しめたからいいんですが。

水生地Pの旧道入口から、旧天城トンネルまで土砂崩れのため全面通行止め。
そのため、天城峠のバス停から登り始めました。
ログの数値が正しければ、約25kmを9時間で歩けたんで最初にしては悪くないかなと思います。
もっとも、そんなにハードなルートではなかったんですが。

これから雪解けが進めば範囲を広げて、またあっち登ったりこっち登ったりしようかなと思います。
基本的に友達も彼女もいないんで、休みと好天さえ重なれば問題はないはずなんですが。

水生地P 6:40 - 天城峠 7:05 - 八丁池 9:00 -  戸塚峠 10:15 - 11:15 万三郎 11;30 - 戸塚峠 12:15 - 八丁池 13:15 - 天城峠 15:15 - 水生地P 15: 40 




















| Mt. | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
一望一生の感動
色々と用事があって名古屋に戻ってきたものの、手違いがあり結局、また来月名古屋に戻ることになりました。
そんなわけで、今回はちょっと遅めのお彼岸の墓参りに行ってきました。

おかんを徳重の病院まで送った後、親父を納骨してるお寺と母方の祖父母のお墓がある霊園へ。
霊園は数万の墓碑があり広大な敷地なんで、駐車場に車を停めて花を買ってから散歩がてら祖父母の墓まで歩くことに。

暖かい日だったんで、遠目に桜を見ながらのんびり歩いていたんですが、何か心にひっかかるモノがあり足が止まりました。
目の前には、霊園だから当然お墓が。
それも、全く知らない人の。

墓石の横にある、墓誌に目をやりました。
墓誌にはそのお墓に眠る方たちの名前が刻まれているけど、その中の1人のところで目が止まりました。
その方、享年は70代前半で、亡くなられたのは昭和の後期。

今から25年以上も前に、すごい人がいたんだなと魅入ってしまいました。
戒名の横には、以下の一文が。

「我れ七十一才に南極に立てり 世界の七大陸、山旅、制覇す ヒマラヤ、エベレスト、キリマンジェロ、マッターホルン、アンデスなど一望一生の感動の連続だった」

一望を続けることにより多くの一生の感動を得てきた方が目にした世界は、僕には到底想像が及ばないところにあります。
想像は及ばないけど、一望一生の感動の気持ちはちょっとだけ理解できるような気がします。

僕自身も、一望から得る一生の感動を積み重ねていく人生を目指していきたいものです。

| NAGOYA | 23:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new | 2 / 16pages | old>>