Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
<< かんとり〜ろ〜ど4 ガール | main | かんとり〜ろ〜ど6 くま >>
かんとり〜ろ〜ど5 山の魚
長野に移住してきて身に付いたのが、岩魚のさばき方。
ここに来た当初、炭で焼いた岩魚を頭から尻尾まで丸ごと食べ、それがかなり美味しかったんで自分で釣った魚を食べてみたい、と思ったのも渓流釣りに興味を持った一因でした。
今のところ、釣る釣らない以前に竿に仕掛けをつけることがよく分からないという状態なんで、釣りに行くフィールドにまだ立てていないんですが。

ちなみに宿で提供する岩魚は、生きた状態で近くのお店で購入しています。
鮮度が落ちてくるとネチャネチャベトベトしてくるので、僕みたいな素人にはうまくさばけなくなります。

鮎は草食なんで内蔵も食べられるけど、岩魚は雑食で何が入っているか分からないため内蔵は綺麗に取り除くそうです。
次に、えらも取って串をさし、焼く直前に目と尾に飾り塩をかけ、全体に塩を軽くまぶします。
客室の囲炉裏を借り時間はかかるけど遠赤外線のパワーで焼いて、最後に食べます。

職場とはいえ、囲炉裏を囲んでると岩魚の美味しさや炭の暖かさも手伝いほんわかした気分になります。

こっちに来て初めて知ったお魚の楽しみ方が、骨酒です。
ふぐの鰭酒は僕でも知ってたけど、骨酒は初めて聞く言葉でした。

カリカリに焼き水分をとばし、適当な器にカリカリにした岩魚をいれそこに日本酒を注ぎます。
地域や個人によって飲み方も変わってくるみたいなんで自分が楽しめれば分量や方法は何でもいいと思うんですが、分量によってはお酒というよりはお酒風味のスープっていう感じになります。
骨酒も飲みだすと止まらなくなり、気付くと4合、5合と飲んでてそろそろ止めないと、と思いつつ飲み続けてしまいます。

ギョギョギョっていう感じにはなりたくないけど、お勉強も兼ねて、海の魚と山の魚を食べ比べ飲み比べていこうと思います。



岩魚 -- 他の魚との区別は全くつきません
           イワシと並べてあってもきっと判別できません

| NAGANO | 00:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
そういえば今年初めくらいにタモリ倶楽部で「ヒレ酒に合うヒレ選手権」ってのやってたな。いろんな魚のヒレをヒレ酒にして、どれがおいしいかってのを。骨でもいろいろ違いがあっておいしそー☆
| めい | 2011/06/27 10:29 AM |

めいさん

タモリ倶楽部って、相変わらずディープなものが好きだね・・・。
岩魚も、丸ごと酒の中に入れたり、身を削いで骨だけを入れたり、一言で骨酒と言っても色々な飲み方があるみたいだよ。
鰭選手権も自分たちでやってみたいねぇ。
| KOOR | 2011/06/27 10:13 PM |










http://7continents.jugem.jp/trackback/94
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new |  / pages | old>>