Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
<< FATHER | main | サワディー1 >>
原発ジプシー
東日本大震災の犠牲になった方々に、心からお悔やみ申し上げます。
1人でも多くの命が救われることを、そして1日も早い被災地の復興をお祈り申し上げます。

原発における自衛隊、警察、消防の命懸けの活動には胸を打たれます。
多くの方が危険を顧みずに作業する中でも、特に危険な作業に従事しているのは東電の下請け企業の方たちではないでしょうか。
僕は実情を知らないので、想像での話になってしまいますが。

1月に他界した親父が勤めていた会社は、中電(中部電力)の下請けでした。
そのため、出張で静岡の浜岡原発や北陸の原発に行ったり、福島かどうかは分からないけど東北の原発にも行ったことがあるという話をしていました。

親父が言う原発は、「空港のチェックみたいなとこが何重にもあって、そこをバァーッツと行くんだ」というような内容でした。
原発の知識に乏しい自分と語彙力に乏しい親父の会話だったんで具体的なイメージは湧いてこなかったけど、それだけセキュリティが厳重でそれだけ危険な場所だということは伝わってきました。

自衛隊や警察、消防の方たちの家族は、仕事柄、そして立場上、多少の覚悟はあるのではないでしょうか。
もちろん、覚悟があるから何かあっても大丈夫という意味ではないけれど、一般企業に勤めている人の家族がそんな覚悟をすることはあまりないと思います。
親父はもうこの世にはいないので「たられば」の話になるけど、こうした原発事故の作業に親父が従事することになったら、「国のために頑張って下さい」というよりは「なんで親父が?」と自分は思うような気がします。
不安や恐怖で押しつぶされそうな時間を過ごしている、作業員の家族の方たちを思うと胸が痛みます。
母も同じような心境らしく、下請けの人間ではなく東電の社長が現場に行けばいいのにと日々憤っています。

下請けという立場上、今回の仕事を断ると今後の仕事に影響するから、という理由で現在、原発で復旧作業にあたっている人も多いのではないかと思います。
使命感ではなく、ただ家族の生活を守るために仕方ないから命懸けで働いている人も多いのではないかと思います。

震災後、親父が勤めていた会社の人と電話で話をする機会がありました。
東北に限らず地震でダメージを受けた火力発電所が各地にあるそうで、現在、会社を挙げて発電所の修復作業にあたっているそうです。

被曝した東電の協力会社の方たちが後遺症もなく無事であることを、原発で命懸けの活動をしている方々、そして、危険度の次元が違うかもしれないけれど、各地の発電所で僕たちの生活のために危険と隣り合わせの現場で作業にあたっている方々が、全員無事、家族の元に帰れることを心から祈っています。
| OTHERS | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new |  / pages | old>>