Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
<< キルギスからのメール2 | main | お酒と若さと恋愛と >>
キルギスからのメール3
キルギスの法律では強盗事件などの犯人が捕まった場合、裁判所が犯人の全財産を没収し事件内容に応じて被害者に分配するそうです。
仮に犯人の財産が無い場合は、その分刑務所に服役する期間が長くなるそうです。

今回のケースでは、犯人は財産を所有していないため被害者への金銭的賠償はほぼ不可
5人組の被害者は、中国人、日本人、イラン人などかなりの人数にのぼるらしく、そのため捜査も1、2カ月はかかるそうです。
服役期間が延長されるなら、過去の判例などから12年くらい刑務所に服役することになるとのこと。

お金がないからこそ強盗をやるんだろうし、金銭的賠償は期待しても仕方ないかと思っていたんですが、やっぱり期待しても仕方ない結果でした。
現時点で犯人に対して怒りや恨みがあるわけではないんで、犯人からの謝罪を求めているわけでもないし、懲役が長くなっても短くなっても、正直どちらでもいいですって気分です。

何故かと言われるとうまく説明できないけど、被害にあった直後から犯人に対してそれほど怒りを感じているわけではありませんでした。
ビシュケク市第4病院に入院している時にお見舞いに来てくれたイタリア人に、「想像の中で何回くらい犯人を殺した?」と聞かれた時も、「そんなことしないし、人生Love&Peaceだから」というようなことを言って不思議そうな顔をされました。
Love&Peaceが座右の銘というわけではないし、恨みが全くないというわけでもないんですが。

ただ、キルギスの警察の態度には腹が立ちます。
告訴する時も、最初は告訴すると3ヶ月以上キルギスに滞在する必要があると言われ、それは無理だから告訴はしないという話になった時も、日本大使館が内務省にかけあったところ、実際はそんな必要はなく現場の警察が仕事を増やしたくないからそんなことを言っていたし。

今回の告訴に関しても、最初は被害届が出てないから賠償は不可と言われ、被害届が確認されたら今度は、キルギスまで行って犯人の面通しをしなければ僕の事件に関する捜査は中止すると言われました。
犯人が6月中旬に僕と思しき日本人を襲ったと自供しているのに、なんでわざわざ面通しのためだけにキルギスまで行かなかんのか。
面通しだけならSkypeなんかを使えばできるだろ、と思うけど、キルギスに限らず日本の警察事情にも疎いんで、面通しに立ち会う必要性が全く分かりません。

強盗に関してはもともと慰謝料もそこまで期待してたわけでもないし、もうどーでもいいけど、むしろキルギスの警察を訴えたい気分です。

| KYRGYZSTAN | 23:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
人生Love&Peace・・・良いねぇヽ(´∀`*)ノ

憎んでも何も生まれない、それならば別の解釈をした方が良いよね。

我輩はオメデタ思考の持ち主なので、何でも自分に都合の良い解釈に変えてしまいます。

我輩なら、なかなか経験できない経験が出来た事、旅の貴重なエピソードが一つ増えた事、みたいな解釈に変えちゃうかな(。-_-。)

しかし、キルギスの警察も凄いねぇ。

我輩はインドを旅してからは、そんな人達に腹を立てずに笑えるようになったかな(^_^;)
| Omedetaman | 2010/01/31 9:47 AM |

そーですよねぇ、やっぱり人生楽しまないと、ですよね。

憎むよりは、人生Love&Peace&Freedomで楽しまないと!
| KOOR | 2010/02/01 8:32 PM |










http://7continents.jugem.jp/trackback/70
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new |  / pages | old>>