Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
<< 福寿草 | main | 新緑 >>
VS. 鹿

昨年の秋辺りから、うちの庭における鹿の食害が急激にひどくなった気がします。

以前から色々と食い荒らされてはいたけど、山の中だし仕方ないか、くらいに思ってたんですが最近はそうも思えず。

 

鹿が好きなパンジーは勿論のこと、トマトやパプリカも鹿の食事になり、鹿は嫌いって聞いてたマリーゴールドも食べられるし、数年前は全く被害がなかったルバーブや近所で咲いてた水仙の花も鹿の餌に。

そもそも、水仙なんて人間を含め動物が食べられるものなのかとも思うけど、水仙に限らずトリカブトやバイケイソウの毒に耐性を持った個体も出てきているらしいです。

近所のじいさまが言うには、大学の先生に教えてもらったけど鹿は葉や花を食べて毒があれば吐き出し、食べては吐き出しを繰り返すうちに毒の耐性を獲得するらしいよ、とのこと。

煎餅を主食にしている大仏の国の鹿に比べて、蕎麦の国の鹿はワイルドです。

「これ、ちょっと食べてもいいかな?」と聞いてもらえれば「もう、仕方ないな、食べ過ぎるなよ」という気持ちにもなるけど、そんなやりとりもなく、無慈悲に食い荒らされたうえに庭も糞だらけにされるとさすがに腹が立ちます。

 

で、遅ればせながら鹿対策を取ることに。

 

1.忌避剤を撒く

 

信じてたのに、お金を返して欲しいほど効果はありませんでした。

 

2. 罠の設置

 

この辺は禁猟区だった気がするし、そもそも狩猟免許を持ってないから却下。

 

3.落とし穴を作って嵌ったらその都度埋める

 

落とし穴を作った場所を忘れて自分が嵌りそうだから、これも却下。

 

4.敷地をネットで囲う

 

守りたい植物をネットで覆ったり、建物正面からは視界に入らない敷地の裏側をネットで囲うのはありかなと思うけど、敷地全体を囲うと宿泊施設としての景観が損なわれる問題が。

 

5.ネットではなく木柵を作る

 

柵は自分で作るとして、その材料になる木材を購入する余裕がないから断念。

 

6.ネットでも木柵でもなく釣り糸を張り巡らせる

 

採用。

 

基本、敷地にある木を利用して、都合の良い場所に木がない場合は杭を打ち込み釣り糸で囲ってみました。

ネットを張るよりはだいぶ楽だったけど、敷地内には一部荒れてる箇所もあり、木やトゲトゲした直物を切ったり笹を刈ったりして糸を張れる状態にする作業が中々の手間に。

人が突っ込んだり、草刈りの時に誤って切らないよう目印のビニールテープを貼って完成。

 

 

完成はしたけど釣り糸だしよく見えないし、一般的な柵のようなそこにある安心感は皆無で本当に鹿の進撃を止めてくれるのか、とも思うけどしばらく様子を見てみます。

 

 

 

当館のハナモモと・・・

 

 

 

「晴天の旅行者」のご来館

 

| CORU | 19:08 | comments(0) | - |









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new |  / pages | old>>