Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
<< ライフスタイル | main |
YAMABIKO

個人的には好きな曲です、「YAMABIKO (Nakamura Emi)」。

好みは人それぞれとは思うけど、目標を持ってなんかやってる人ならそこそこ響くと思います。

 

そして、僕にも新しい目標ができました。

先日、と言ってもちょっと前の話だけど、友人のお店で一人で食事をしてる際、同じく一人で来店してたラオス人のにいちゃんに話し相手になってもらいました。

彼のラオスに居た頃の職業が、象使いという非常に男心をくすぐる仕事でした。

実際、働いてる動画を見せてもらったら確かに象を操ってる映像が。

 

特別動物好きというわけではないけど、羊飼いになりたいとか、アルパカ飼いたいとか、カラスと友達になりたいとか、色々考えた事がある経験上、ちょっと象使いになりたい、と思い聞いてみました、どうやって象使いになるのかを。

象使いになるためには当然、象を手に入れる必要があり、象の入手経路は僕が聞いた限り2つあるみたいです。

 

野生の象を捕まえて飼いならす

 

ワイルド過ぎるので却下。

いくらアジア象がアフリカ象より小型で温厚とはいえ、飼いならせる気もしないしそもそも捕まえられる気もしないし。

オーストラリアのアウトバックを自転車で走ってる時、野生のラクダを2頭捕まえ飼いならし、ラクダに馬車を引かせて旅をしているちょっとイッてるダッチの旅人がいました。

山の中で生活していても野生動物を捕まえて飼いならそう、という発想はあまりないけど世界では割とある話なのかもしれません。

この辺でいうと、カモシカを捕まえてソリを引かせるようなものかと。

特別天然記念物なんで、捕まえるとこっちが捕まる可能性もあるけど。

 

買う

 

ラオスでは、日本円でいうと200万円位で調教した象が買えるそうです。

日本での象の相場も分からないし、象使いになるために象を買う場合の相場もよく分からないから200万が高いのか安いのかも判断がつかないけど、とにかくラオスでは200万くらいで買えるとのこと。

お金が貯まったら、ちょっとラオスに行ってきます。

 

 

| CULTURE | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://7continents.jugem.jp/trackback/186
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new |  / pages | old>>