Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
<< チャリダー2 | main | シルクロード起点 >>
洛陽
 
日本に洛陽出身の友人がいます。
彼と彼の御家族の好意に甘えさせてもらい、
彼のお兄さんの家で1週間近くお世話になりました。
お兄さんの家は、お兄さんと奥さん、それから高校生の娘さんの3人家族。
高校生ながら娘さんが流暢に英語を話すのでコミュニケーションをとる際は彼女が間にはいってくれ、彼女がいない時はお兄さんや奥さんに中国語を教えてもらいながら、身振り手振り、
それから筆談を交えながらのコミュニケーションでホームステイのような滞在でした。
 
友人家族と付き合いがあり、日本にも留学経験のある劉さんが洛陽観光に付き合ってくれ、
劉さんの彼氏さんや友人と一緒に洛陽を満喫。
今回の旅行ではもう行くことはないだろうなっていう、個室でテーブルが回るレストランへ連れて行ってもらい、その席では彼氏さんに、
『これから1人で自転車に乗って、こうして皆でビールを飲むこともないだろうから今日はとにかく飲め』
と言ってもらい、楽しい一時を過ごすことができました。
 
洛陽出発前日の夜は、日本にいる友人の兄弟、従兄弟が集まってくれて洛陽では有名らしい新疆料理のお店へ。
そこではお兄さんに
『今回は言葉の面で不自由な思いをさせて、もてなしが不十分で申し訳ない』
と言われ、いやいや、こちらこそ何かすみませんって気分に。
 
この辺は日本と中国の文化の違いみたいで、中国ではお客さんはとにかくもてなすのが文化。
日本人的には、お客様というよりただの居候だからおかまいなくという心境。
商丘や洛陽では、食事が終わった後に食器を片付けるのを手伝おうとしたら、
そんなことやらなくていいから、お願いだから座っててと言われ、
ビールを自分でつごうとしたら、周りの人に慌てて止められてついでもらったり、
こんなの初めてというくらい過保護に扱ってもらいました。
 
洛陽出発当日、お兄さんの娘さんに英語で書かれたメッセージカードをもらいました。
''Where there is a will, there is a way!''


洛陽--  白馬寺


洛陽--  龍門石窟

登封--  少林寺 塔林
| CHINA | 18:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
久しぶりーーー。
シドニーでは楽しいひとときをありがとう。
いよいよ出発したんだね。ってもうとっく??
でもこのブログはいつも楽しみにしてるよ。
何かすごくいい感じで楽しんでるのが伝わります。景色もすごく中国っぽくてきれいだねえ。
体にだけは気をつけてヨーロッパで待ってます。
| Y | 2009/04/09 7:06 PM |

こちらこそ、シドニーではお世話になりっぱなしで。
またいつかシドニーには戻りたいですね。
ぜひぜひ、ヨーロッパで会いましょう!
でも、ヨーロッパに行くの5月ですよね…?
| KOOR | 2009/04/09 10:11 PM |










トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new |  / pages | old>>