Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
酔っぱらった馬
大阪府民でも東京都民でも新潟県民でもないんですが、昨年の都知事選、府知事選、それから今年の県知事選、都知事選、ひそかにスマイル党のマック赤坂さんを応援してました。
やっぱりスマイルだと思います、スマイル。

僕は、基本的に限定品やプレミアなどの単語に心がときめくタイプではありません。
物の価値がよく分からないし、なによりお金もないし。

そんな自分ではあるんですが、初めてプレミア価格の物を購入しました。
プレミア価格と言っても、数十万というわけではなく九千円なんですが・・・。
物はDVDで裏DVDとかのエロ系ではなく、普通の映画です。
既に廃盤になっているみたいでレンタルショップにもないし、購入するにしても価格が一万五千円前後でDVD1枚にこの値段はちょっとな、という感じで迷いつつ諦めつつという状態でした。
諦めつつではあったんですが、最近九千円で売っているのを発見。
12月は誕生日があり、クリスマスがあり、大晦日があり、なにかと自分へのプレゼントという言い訳が成立しやすい時期なんで、一万切ってるし買っちゃいました。

今回購入した映画は、バフマン・ゴバディ 監督の「酔っぱらった馬の時間」。
バフマン・ゴバディはイランのクルド人で、「酔っぱらった馬の時間」もクルドを題材にした映画です。
初めて観たバフマン・ゴバディの作品は、「亀も空を飛ぶ」でした。
この映画を観て、なんかすごいな〜と思い、初の長編作である酔っぱらった馬をどーしても観たいと思うようになりました。

僕はそんなにクルドに詳しいわけでもなく、ハラブジャの悲劇からなんとなく受難の民族という印象を持っていました。
トルコのPKK、イラクの自治政府、シリアの動乱、こうした問題を経てクルディスタンは実現するのか、こういった情報はニュースをみてれば多少は入ってくるものだと思います。
ただ、こうした情報から現地の人たちの生活環境を想像するのは難しいとも思います。
「酔っぱらった馬の時間」や「亀も空を飛ぶ」では、僕には想像もつかないクルドの人たちの生活が描き出されていて、個人的にはとても良い映画だと感じました。

九千円が高いか安いかは微妙なところではあるんですが、買って良かったと思うんで高い買い物ではなかったかなと。

 
| MOVIE | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
栄光ナル国家カザフスタン
人から共感してもらえないけど、好きですカザフスタン。
食事は不味くはないけどそこまで美味しくなく、見どころがどこなのかよく分らず、物価も高いけど、良い国ですカザフスタン。
 
旅行中に立ち寄り何カ月かゆっくりしたいと思う街は多いけど、何年か住んでみたいと思う街はこれまでそんなにありませんでした。
ブルガリアのプロヴディフ、トルコのイスタン、台湾の高雄も好きだけど、ここに住みたいと本当に思ったのは、実際に住んでたCHCHやシドニーを除くと、シンガポールとカザフスタンのアルマティくらいかも。
アルマティに何があるのかよく分らないし、魅力が何かもよく分りません。
ただそこにいるだけでしっくりくる感じで、同じような感覚は大阪やシドニーにも感じました。
逆に、名古屋やCHCHにはあまりそーいうのは感じませんでした。
 
アルマティも治安が悪化していると聞いたけど、治安悪化の原因は出稼ぎにきたキルギス人が犯罪を犯すケースが増加しているからだ、とも聞きました。
これが本当なのか誤まった情報なのかは分らないけど、キルギス人にしばかれた自分としては100%信じます。
カザフスタン人が悪いことするわけない、悪いのは全てキルギス人だと。
 
フォローになってないかもしれんけど、キルギス人にも親切な人はいます。
道聞いただけなのに、家に連れて行かれ熱烈歓迎されたりしましたし。
 
カザフで知り合ったスコットランド人に、カザフを題材にした映画を勧められました。
ファッキンファニーだから一度観た方が良いと勧められた映画は、「ボラット」。
 
帰国してから今までこの映画を思い出したことはなくタイトルさえも忘れていたのに、レンタルショップでたまたまこのDVDを手に取ったら、スコットランド人がこの映画の話をしている場面がフラッシュバックのように脳裏に浮かんできました。
人間の頭って不思議だなと思いつつ、この映画とも何か縁があるのかと思い借りることにしました。
 
日本にいるとカザフの話なんて全くしないため、カザフラブな熱い気持ちも最近は冷めてきたんで「ボラット」を観て熱い気持ちを取り戻そうと思ったけど、カザフスタンはあまり関係ない作品でした。
社会風刺とも言えるけど、基本的に下品です。
どん引きするかはまるか、2極化する映画とは思うけど僕は結構好きです、こーいうの。
 
実際のカザフスタン人は、田舎も都会も親切な人がとても多く、何故かとても親日的な国です。
ウズベクと違い観光資源に乏しいし、あえてカザフに行こうって人もあまりいないと思うけど、個人的にはそのうちまた旅行したい国です。
広大な国なんで、自転車でじっくり旅行できればと思うけど、いつ実現できるかは全く分りません。


        日本にも来て欲しいです。
| MOVIE | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new | 1 / 1pages | old>>