Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
かんとり〜ろ〜ど13 脱かんとり〜ろ〜ど
急な話ですが、明日、名古屋に帰ることになりました。
長野人も今日で終わりです。

昨日、スキー滑ってる時に転倒、左膝を骨折してしまいました・・・。
色々なレッドクロスな乗り物に乗ってるなぁ、と思いながらレスキューのスノーモービルに乗せられスキー場の医務室へ。
怪我した直後はそこまで痛みもなく、筋を痛めた程度かなと思ってたんですが病院に行ってみると折れてるよ、という話でした。

また、2足歩行ができなくなりました。
3年前の腰の骨を折った時程ひどくはないんで寝たきりってこともないけど、全治2〜3ヶ月掛かるそうです。

今の仕事は歩けなければ何もできないんで、とりあえず2月20日付けで退職することにしました。
医者が言うには、手術して3〜4週間くらい経てば落ち着いてくるそうです。
身の回りの物もそのままにして名古屋に帰るんで、ある程度2足歩行ができて車の運転ができるようになれば、身辺整理のために木曽に戻るけどそれで長野人は卒業です。

木曽の環境は気に入ってただけに残念だけど、いずれお金持ちになって別荘でも買おうかなと思います。
| NAGANO | 19:10 | comments(8) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど12 トランスフォーマー
喪中なんで、新年の挨拶は控えさせて頂きます。

ふろ~すてぃ うぃんた~ という感じで今まで経験したことのない冬を体験してます。
1日が氷点下に始まり、一度も気温がプラスになることなく氷点下で1日が終わります。
たまにプラス2℃、3℃になると、今日、暖かいって感じます。
窓枠が凍りついて窓が開けなかったり、外に置いておいた靴が地面に凍りついたり、髪の毛が濡れた状態で外に出たら髪の毛が凍りついたり。
暑いのは50℃くらいまで経験してるんですが、寒いのは未体験なんで色々な初体験を経験してます。

以前、外で射精したら精子が凍ると書いたら、男女問わず何人からか試したら結果を教えてと言われたけど、ちょっと無理です。
射精する以前に、外は寒くて息子が成長しません。

今、僕がいるところは、北海道を除いた日本で一番寒い地域なんだそうです。
最近は温暖化の影響なのか、気温自体は八ヶ岳山麓の長野の南牧村や山梨の清里方面の方が下がるみたいですが。

雪は日本海側のいわゆる豪雪地帯ほど降らないけど、やっぱりそれなりに降ります。
今年は例年に比べかなり降雪量は少ないみたいだけど、雪と無縁の生活をしてきた身としては「いや、もういいって」、というくらい降ります。
名古屋では何年かに一度、雪が積り、玄関周りをシャベルで雪かきするくらいなんですが、この辺はシャベルでは間に合わないんで小型重機を使います。

僕がいるペンションでは小型のブルドーザーで雪かきをするんですが、こういったブルやショベルカーを動かすと、男としてはテンションが上がります。
ひょっとしてどこかに秘密のボタンがあり、それを押すとガシャンガシャンウィーンとロボットに変形するんじゃないかと期待してしまいます。

そんなワクワク感もあり最初のうちはブルに乗るとときめいてたんですが、最近は、寒くて嫌です。
それに、秘密のボタンなんてどこにもないし。
それに、バケット(前面に付いてるでかいかごみたいなやつ)の操作感覚がよく分からず、頻繁に地面をえぐりとり証拠隠滅しないといけないし。

ゴールデンウィークくらいまでは雪が降るらしく、11月下旬から5月上旬までの半年間、冬なんですか・・・?
熱帯雨林の乾季・雨季みたいな季節感で、この辺は1年が冬・涼しい季節、この2つしか季節がないみたいです。
| NAGANO | 00:17 | comments(3) | trackbacks(0) |
無礼講
先日、60歳前後のおじさま、おばさまに囲まれお酒を飲む機会がありました。
自分たちの子どもと同年代の僕に気を使ってか、ここは無礼講でどんどん飲め!と言ってもらい楽しいお酒を頂きました、途中までは。

しばらくすると、えっ、どこ行くの?という方向に話が進み始めました。
ひやむぎとそうめんの違いの話になり、確か太さが違うと記憶してたんですが、相手を立てるという程大げさな話ではないけれど、何が違うんですかと尋ねたところ・・・

おじさんA  「お前、大学出てるのにひやむぎとそうめんの違いも知らんのか!?」
僕  「すみません、ちょっと分かんないんですけど」
おじさんA  「あのな、うどんとひやむぎとそうめんはな、太さが違うんだよ。大学出てるのに、情けないな」
おばさんA  「じゃあ、きしめんはどうなるの?」
おじさんA  「きしめんはあれだよ、あれは規格外だから麺類じゃないんだよ」
おばさんB  「おにいさんの太さはどれなの?」
僕  「はい?太さですか?」
おばさんB  「だ〜か〜ら〜、おにいさんの太さはうどんなの!?ひやむぎなの!?そうめんなの!?」
僕  「あっ、はい、あの、きしめんです」
おじさんB  「おにいちゃんな、ここに来てまだ日が浅いからここの冬を知らんだろうけど、ここで冬、外でHすると精子が凍っちゃうんだぞ!」
僕  「・・・・・・、はい、気を付けます・・・」
おじさんB  「そうだ、冬は精子が凍っちゃうから、気を付けないといかん」
おじさんA  「お前、大学出てるのに、本当にひやむぎとそうめんの違いを知らんのか?」

50代、60代といった親の世代に近い人たちとお酒を飲んだり食事をしたりする機会には、比較的恵まれてきた方だと思います。
自分の親と面と向かって真面目な話をするのは気恥ずかしいものがあるんで、親の代わりにこういった人たちから色々な事を学んできたと自分では思っています。

それにしても、還暦迎えてるのにここまで下ネタ全開のおじさま、おばさまって初めて会いました。
かと思えば、エロ動画から突然NHKのニュースにチャンネル変えるような感じで真面目な人生訓みたいな事を語りだし、それがまた成程とうなずいてしまうような内容だったりします。
そこそこ酔ってたんで、なんか良い事言われた、という記憶はあるけど話の内容はよく覚えてません。

記憶にはないけれど、心の奥の方に染み込んでると思います。
こーいうはっちゃけた人たちがポロっとこぼす言葉は、心にも人生にも必要な栄養っていう気がします。

| NAGANO | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど11 童心
全国的にみても、長野県は蝶の種類が豊富なんだそうです。
蝶に限らず虫は大量にいるし、地域によっては蜂の子に代表されるような昆虫食の本場らしいです。

確かに、これまで見たこともないような虫をよく見かけます。
目玉が、ぴか〜っ!と光っている蛾が網戸にたくさんとまってたり、でかっ!っていうような蝶が羽ばたいてたり。
ちなみに蛾と蝶の見分け方は、とまっている時、羽を開いてるのが蛾、たたんでいるのが蝶、触覚が尖っているのが蛾、丸くなっているのが蝶、汚いのが蛾、綺麗なのが蝶、という感じで色々あるそうです。

どの種類か分からないけど、この地域で生息しているある種のカミキリムシは1匹、2、3万円で売れるらしいです。
そんなカミキリムシを求めて、大阪方面から虫取りのプロフェッショナルな人たちが来りします。

他にも、昆虫標本が趣味と思われる人たちも虫取り網を振り回しています。
一般社会でおっさんと呼ばれる人たちが虫取り網を手に蝶を追いかけ、「お〜っし! やった、やった、やった、捕まえた!!」 と童心に返って喜びを爆発させている姿は、ひきます。
僕が母性本能豊富な人間なら、微笑ましく映るかもしれないけど。

他人の楽しみを否定する気はないし、クワガタを見つけると確かに嬉しかったりするんですが。
蟻にしても蝿にしても虫のサイズは一回り大きいし種類も豊富、虫大好きっていう人からすると美女がたくさんのハーレムに入り込んだ感じなんでしょうか。



キマダラモドキ?


蝶 or 蛾?
| NAGANO | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど10 求人2回目
長野に移住して3カ月が経ちました。

8月2日から、42歳男と16歳女のカップルが同僚になりました。
そして、辞めてしまいました。

そんなわけで、現在、新しいスタッフを募集しています。

募集要項

業務内容:ペンション業務全般
給与:安いです
待遇:住込み、3食付き
勤務時間:短い日 1日1時間くらい
       長い日 1日18時間くらい
勤務地:山の中

求める人材
1. 女性
2. 年齢はできれば僕と同世代(30歳前後)
3. 旦那もしくは彼氏がいない人
4. スリーサイズは不問

前回は、ち○こを股にはさめば面接してもらえますか、というイタ電があっただけでそれ以外の応募はありませんでした。
そのため条件を少し緩くして、結婚するかどうかは不問にします。

皆様のご応募、お待ちしております。




マーガレット featuring 
| NAGANO | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど9 ウルトラマン
先日、田舎の感覚ではちょっと行ったところ、都会の感覚では遠方で、100キロのマラソン大会が開催されました。

お客様の中にこのマラソン大会に参加して完走された方がいたんで、レース後、迷惑かと思いつつ色々とお話を伺いました。

僕は自転車で走ることは好きなんですが、マラソンはどちらかというと嫌いです、疲れるから。
運動不足でお腹がぷにぷにしてる現状でも、自転車だったら100キロくらいなら走る自信はあります。
でも自分の足となると、1キロも走る自信はありません。

そんなわけで、100キロマラソンってすげーなと思ってたんですが、このお客様、以前に250キロのウルトラマラソンも走ったそうです。
なら100キロって楽なのか、と単純に思ったけど、今回みたいな山岳コースは初めてできつかったと言ってました。

走ることが嫌いな自分ですが、いずれ、サハラマラソンやジャングルマラソン、南極マラソン、あとアドベンチャーレースなんかに参加したいと思ってます。
そんな話をしたところ、それは止めた方いいよ、と言われました。

ウルトラマラソンにこんだけ参加するだけあり、アドベンチャーレースにも参加したことがあるそうで、そんなことやるような人だから周囲にサハラマラソンなんかに参加した友人知人がいるんだそうです。
こうしたアドベンチャーレースやアドベンチャーマラソンにはまる人は、みなさん会社を辞めて社会の流れから外れてしまいレースが人生におけるファーストプライオリティになってしまうんで、いわゆる日常生活を送ることが困難になるんだそうです。

「自転車でユーラシア大陸横断したいから、会社辞めます」と言い、上司に「いや、意味分からんし、何言ってるの?」と言われたことがある立場としては、なんとなく身に覚えがあるような気がします。

とはいえ、レース自体は当然かなり過酷なものらしく、1キロ走るのも苦痛な自分にとってはこうしたアドベンチャー系のマラソンに出場するのはだいぶ先の話になりそうです。
アドベンチャーレースなら、マラソン好きな人に走ってもらって自分は自転車やカヌーをやればいいんですが。
ただ、一緒にやってくれる人がいないんで、これもいつ出場できるか未定です。

はまって人生が変わるかどうかは実際にやってみないと分かんないんで、とりあえず最初のステップとして、お腹のぷにぷにを解消していこうと思います。





森の中 -- 根を下ろした生活を、一応、目指しています


| NAGANO | 00:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど8 求人
長野に移住して2カ月が経ちました。

5月末に今のペンションで働き始めたわけですが、同じ日から働き始めた同僚が諸事情により退職してしまいました。
年齢は50歳と僕よりだいぶ上でしたが、気が合い、付き合い易いおじさんだったので仕方がないとはいえ残念です。

そんなわけで、現在、新しいスタッフを募集しています。

募集要項

業務内容:ペンション業務全般
給与:安いです
待遇:住込み、3食付き
勤務時間:短い日 1日1時間くらい
       長い日 1日18時間くらい
勤務地:山の中

求める人材
1. 女性
2. 年齢はできれば僕と同世代(30歳前後)
3. 旦那もしくは彼氏がいない人
4. スリーサイズは不問
5. 将来、僕と結婚する意志のある人

以上の条件に当てはまる人のご応募お待ちしております。
男は募集してないので、今回は縁がなかったと思い応募はご遠慮ください。

※募集は実際におこなっているので、ペンション業務に興味のある人はご一報下さい
| NAGANO | 20:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど7 くま
熊は体の構造上、下りはうまく走れないらしいんで、自転車で走ってるぶんには各国で野良犬に追い回され走り勝ってきた経験からして、なんとか逃げ切れるだろうと。
上りや平坦な道だと、追いつかれると思いますが。

熊に限らず動物はヤニのにおいが苦手らしく、マムシが庭に入ってこないように煙草の吸殻を煮込んだやつを庭にまいたりするそうです。
ドロドロに煮込んだヤニを靴の裏に塗っておくと、熊よけやマムシよけの効果があるそうです。
ただ、相当においがきつく、人間の鼻にもきついうえに靴がダメになるからあまり実用的ではないと聞きました。

手軽で効果があるのはやっぱり鈴やラジオみたいで、ラジオのノイズ音は動物にとってはかなり不快な音なんだそうです
直接動物に聞いたわけではないんで、嘘か本当かは分かりませんが。

そんなわけで、自転車で走る時はウエストバックに鈴を付け、携帯で音楽かけながら走ってます。
走ってる最中、目の前の茂みで、姿は見えないから猪なのか、カモシカなのか、熊なのかは分からないけど、ガサガサガサと音を立てて大型の動物が逃げていく音を聞くと、こっちも上ってきた道を必死に下って逃げます。
そーいう時は、鈴や携帯のありがたみを実感します。
下った道をまた上るのは、泣きたくなるくらいつらいですけど。

こんな感じで、かなりビクビクしながら自転車に乗ってるんで精神的にどっと疲れます。
こんな環境の中で70歳くらいのじいちゃんがジョギングしてる姿を見ると、標高1,500M付近でジョギングすること自体ありえんけど、幼少期とはいえ戦中、戦後を経験してる人は度胸があるなぁと、ちょっと尊敬します。

散策道 -- チリンチリン鳴らしながら自転車で走ってます


笹百合

| NAGANO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど6 くま
名古屋から自転車を持って来たんで、予約がなくて天気が良い日は自転車乗ってます。
標高が1,500Mと山の上なんで、行きはひたすら下って気持ちいいけど、戻りはひたすら上りでやりたくなくても高地トレーニングをやってる感じです

ここに来た当初、長野のホームセンターには熊よけの鈴が売ってると聞いて笑いました。
熊よけって、そんなの売ってるの?という感じで。
そしたら、「えっ、売ってるでしょ、普通」と当たり前のように言われたんで、ひょっとして、ホームセンターで熊よけの鈴が売ってるのは一般常識で日本人は皆知ってるのか?と思ったりもしました。
名古屋から来たお客さんとこの話をしてたら、やっぱり僕と同じような反応で、こっちのホームセンターって熊よけの鈴が売ってるの?と笑ってました。
長野のローカルルールだったみたいで、ちょっとしたカルチャーショックです。

僕にとって熊は全く身近な動物ではなかったため、熊よけの鈴を貰ってもこんなの使うんか、と最初は疑問に感じてました。
ところが、実際に生活を始めてみると、この辺では熊は都会の野良猫のような身近な存在だったりします。

ペンション内にある村内の緊急放送が流れるスピーカーから、○○○地区で今朝、熊が出ました、という放送が流れたり、小学生は、熊よけの鈴を持って登下校してるそうです。
この辺の人はみなさん、熊?どこにでもいるでしょ、とかる〜く話したりしてます。

熊というと、グリズリーに代表されるヒグマや北極熊のような、がお〜っ!というような熊を連想するけど、本州に生息しているツキノワグマは意外に小さめでそこまで怖くはないそうです、車の中から見る限りは。
実はそんなに危なくもないんかなとも思ったけど、熊(肉食獣全般)からしたら、人間の肉って美味しいらしいよ、とか、射殺した熊の腹の中からおばあさんの頭が出てきた(北海道出身者が語っていたヒグマの話ですが)、とか、そんな話を聞いてるうちにやっぱり熊、やばい、という結論に達しました。

森林鉄道跡 -- 昔は人や木材を乗せて、列車かトロッコかよく分からないけど
         走ってたそうです

滝 -- 一人で行くと怖いです
| NAGANO | 00:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
かんとり〜ろ〜ど5 山の魚
長野に移住してきて身に付いたのが、岩魚のさばき方。
ここに来た当初、炭で焼いた岩魚を頭から尻尾まで丸ごと食べ、それがかなり美味しかったんで自分で釣った魚を食べてみたい、と思ったのも渓流釣りに興味を持った一因でした。
今のところ、釣る釣らない以前に竿に仕掛けをつけることがよく分からないという状態なんで、釣りに行くフィールドにまだ立てていないんですが。

ちなみに宿で提供する岩魚は、生きた状態で近くのお店で購入しています。
鮮度が落ちてくるとネチャネチャベトベトしてくるので、僕みたいな素人にはうまくさばけなくなります。

鮎は草食なんで内蔵も食べられるけど、岩魚は雑食で何が入っているか分からないため内蔵は綺麗に取り除くそうです。
次に、えらも取って串をさし、焼く直前に目と尾に飾り塩をかけ、全体に塩を軽くまぶします。
客室の囲炉裏を借り時間はかかるけど遠赤外線のパワーで焼いて、最後に食べます。

職場とはいえ、囲炉裏を囲んでると岩魚の美味しさや炭の暖かさも手伝いほんわかした気分になります。

こっちに来て初めて知ったお魚の楽しみ方が、骨酒です。
ふぐの鰭酒は僕でも知ってたけど、骨酒は初めて聞く言葉でした。

カリカリに焼き水分をとばし、適当な器にカリカリにした岩魚をいれそこに日本酒を注ぎます。
地域や個人によって飲み方も変わってくるみたいなんで自分が楽しめれば分量や方法は何でもいいと思うんですが、分量によってはお酒というよりはお酒風味のスープっていう感じになります。
骨酒も飲みだすと止まらなくなり、気付くと4合、5合と飲んでてそろそろ止めないと、と思いつつ飲み続けてしまいます。

ギョギョギョっていう感じにはなりたくないけど、お勉強も兼ねて、海の魚と山の魚を食べ比べ飲み比べていこうと思います。



岩魚 -- 他の魚との区別は全くつきません
           イワシと並べてあってもきっと判別できません

| NAGANO | 00:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new | 1 / 2pages | old>>