Seven Continents

STAY HUNGRY!! STAY FOOLISH!!
YAMABIKO

個人的には好きな曲です、「YAMABIKO (Nakamura Emi)」。

好みは人それぞれとは思うけど、目標を持ってなんかやってる人ならそこそこ響くと思います。

 

そして、僕にも新しい目標ができました。

先日、と言ってもちょっと前の話だけど、友人のお店で一人で食事をしてる際、同じく一人で来店してたラオス人のにいちゃんに話し相手になってもらいました。

彼のラオスに居た頃の職業が、象使いという非常に男心をくすぐる仕事でした。

実際、働いてる動画を見せてもらったら確かに象を操ってる映像が。

 

特別動物好きというわけではないけど、羊飼いになりたいとか、アルパカ飼いたいとか、カラスと友達になりたいとか、色々考えた事がある経験上、ちょっと象使いになりたい、と思い聞いてみました、どうやって象使いになるのかを。

象使いになるためには当然、象を手に入れる必要があり、象の入手経路は僕が聞いた限り2つあるみたいです。

 

野生の象を捕まえて飼いならす

 

ワイルド過ぎるので却下。

いくらアジア象がアフリカ象より小型で温厚とはいえ、飼いならせる気もしないしそもそも捕まえられる気もしないし。

オーストラリアのアウトバックを自転車で走ってる時、野生のラクダを2頭捕まえ飼いならし、ラクダに馬車を引かせて旅をしているちょっとイッてるダッチの旅人がいました。

山の中で生活していても野生動物を捕まえて飼いならそう、という発想はあまりないけど世界では割とある話なのかもしれません。

この辺でいうと、カモシカを捕まえてソリを引かせるようなものかと。

特別天然記念物なんで、捕まえるとこっちが捕まる可能性もあるけど。

 

買う

 

ラオスでは、日本円でいうと200万円位で調教した象が買えるそうです。

日本での象の相場も分からないし、象使いになるために象を買う場合の相場もよく分からないから200万が高いのか安いのかも判断がつかないけど、とにかくラオスでは200万くらいで買えるとのこと。

お金が貯まったら、ちょっとラオスに行ってきます。

 

 

| CULTURE | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ライフスタイル

明けました。

今年も宜しくお願いします。

あまり一年の計を立てたりしないんですが、今年は目標を考えてみました。

 

20代以降、一ヶ所に長期間定住せず遊牧民的生活をしてきましたが、常々、自分が理想とするライフスタイルは思い描いていました。

具体的にいうと東南アジアの田舎の安宿のオーナーのような、本でいうとソローの「ウォールデン 森の生活」のような、映画でいうと「しあわせのパン」や「めがね」のような、そんな感じのライフスタイルです。

世界観はどれも似てない気がするけど、ざっくり説明すると、

森の生活・・・「人は一年のうち六週間ほど(週に一日くらい)働けば生きていける」、という名言を残したアメリカ人のおっさんが自給自足する話

しあわせのパン・・・北海道のパン屋の話

めがね・・・南の島の話

 

今の環境下で自分が理想とするライフスタイルは、この時期なら天気が良ければスキーして、カメラ持ってスノーシュー履いて山の中徘徊して、吹雪いてる日は朝起きたらとりあえずビール飲んで、音楽聴いて、本読んで、映画観て、絵描いて、ってな感じだったりします。

さすがにこれが週7だと自分の人生に疑問を感じるし、そもそも生活していけないので週5くらいでこんな生活を送りたいです。

でも現実は、仕事はやたら暇なのにプライベートは独身で彼女すらいないのになんか忙しく、時間軸が都会とは異なるものの田舎的なゆるい時間に追われるような生活を昨年は送っていました。

この状況は自分が思い描くライフスタイルでもないし、もう少し自分のペースに立ち返ろうかと。

そんなわけで、2018年の目標は生業の宿屋はもう少し忙しくなるように、そしてプライベートは軽く引きこもります。

 

| OTHERS | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
サップ

ボードに立ってパドルを漕ぐウォーターアクティビティのSUPではなく、SAPE、サプールの方です。

 

お陰様で、38歳になりました。

毎年この時期になると、ハッピーバースデー自分、というわけで欲しい物を一つ買っています。

30代後半にもなって、自分で自分のプレゼントを買って自分で祝うのはそれなりに切ないですが。

近年では、LED付きのポイ、世界の仕事写真集、プレミア付きのイラン映画のDVD、50年近く前のパーフェクションストーブ等々、そこまで高いわけではないけど日常生活において実用性がかなり乏しくなかなか購入する決心がつかない物が多いです。

 

今年購入したのはサプールの写真集で、これも数か月前から買おうかどうしようか悩み、悩むのに飽きたら忘れてしばらくしたらまた悩んで、というのを繰り返して購入に至りました。

サプールはざっくり言うと、「コンゴのお洒落なひとたち」のことです。

詳細が気になる人は、グーグル先生に聞いてください。

 

サプールの非暴力、平和主義、他者をそしてお互いの美意識をリスペクトする理念の元、収入の大半を費やしファッションを楽しむ姿は最高に格好よく憧れます。

会社や組織、グループなど、多数であれ少数であれ人の集団に属するのはかなり苦手なんですが、サプールの中には入れて欲しいです。

 

アフリカには行ったことないし、サプールを知るまでブラザヴィル(コンゴ共和国の首都)は知らなかったけど、キンシャサ(コンゴ民主共和国の首都)は20代の頃、自転車で海外をウロウロしてる時にアフリカではヨハネス(南ア)、ラゴス(ナイジェリア)に並び行ったら死ぬ街、という話を耳にしていました。

今でも安全ではないんだろうけど、平和のシンボルのサプールいるし、地球上で最も平和主義な霊長類ボノボが世界で唯一生息する国だし、いずれコンゴにも行ってみたいです。

コンゴに行って、ボノボと友達になりたいです。

 

「好きな色はふたつ。ひとつは白。それは平和の象徴だから。そしてもうひとつは赤。肌の色が違っていても同じ赤い血が流れているから」

(マバンザ・ピヴォ・マキシム)

 

 

世界で一番オシャレでエレガントな人たちです

 

| CULTURE | 22:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
くるくる
冬季シーズンに向けた冬支度も、乾燥室の清掃をすれば多分完了。
乾燥室の清掃をする前に、 昨年作ろうと思って作れなかった乾燥室の看板を作ることに。
板は宿の看板を作った時の物がまだ余っているし、 ペンキも余っている物を適当に使うことにしました。
 
うちの屋号「CORU」は本来のスペルは「KORU」で、 マオリの言葉でシダの新芽を指し「新しい出発」「力」「平和」「 成長」等の意味があります。
ニュージーランドに行った人は一度は目にするクルクルしたデザイ ンのグリーンストーン、あのデザインが「KORU」です。
 
うちのロゴにも一部クルクルを取り入れていますが、 そんなうちに合ったクルクルしたフォントを発見、採用。

 

乾燥室1.jpg

            板

            ↓

乾燥室2.jpg

             描く

            ↓

乾燥室3.jpg

            切る

             ↓

乾燥室4.jpg

            削る

             ↓

乾燥室5.jpg

            塗る

             ↓

乾燥室6.jpg

           仕上げる

 

そんなわけで、スキー場もうじき始まりま〜す。

 

 

| CORU | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mt.18 蓼科山(女乃神茶屋)
せっかく八ヶ岳の近所に引っ越してきたので、八ヶ岳で色々遊ぶ予定ではいるんです。
例えば、北端から南端まで縦走するとか、八ヶ岳を自転車で一周するとか。

自転車が手元にないので、ひとまず自転車で一周は置いといてまず縦走を計画することに。
八ヶ岳は北八は北横岳、縞枯山、茶臼山、南八は西岳、編笠山、権現岳、三ツ頭と歩いたことはあるんですが、来年は北端から南端まで縦走したいなと思っています。
一回で縦走するか何回かに分けるかは、まだ分かりませんが。

南端を目指す出発地点になるのが蓼科山になるので、せっかく最近天気も安定してきたことだしまず蓼科山を登ることにしました。
ルートは女乃神茶屋から、ピストンではなく山頂から反対方向の大河原峠に下り、天祥寺原を経由して竜源橋に下山する周遊ルートを歩いてみました。

山頂直下のガレ場は注意が必要ですが、基本的に危険個所や道迷いは大丈夫だと思います。
大河原峠から先は緩やかな下りが続くため、このルートを歩く場合は竜源橋からスタートするより女乃神茶屋スタートの方が体力的には楽ではないかと。
今年は遅れているのか状態が悪いのか、紅葉はあまり楽しめなかったけど山行としては程よく楽しめるルートでした。

次は蓼科山の七合目登山口から北横に行ってみたい気もするけど、荒船山にも行きたいし。
時期的な問題もありやらないといけない仕事がそこそこある割には時間の余裕はあったりするので、天気さえ良ければどっちも冬前にはいけるかなと思うんですが。

女乃神茶屋 9:25 - 蓼科山山頂 11:55 - 蓼科山荘 12:20 - 大河原峠 13:25 - 天祥寺原 13:55 - 竜源橋 15:05 - 女乃神茶屋 15:25      12,2km



IMGP5219.JPG

IMGP5220.JPG

IMGP5221.JPG

IMGP5222.JPG

IMGP5223.JPG

IMGP5224.JPG
IMGP5225.JPG

IMGP5226.JPG

IMGP5227.JPG

IMGP5228.JPG
| Mt. | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mt.17 姫木〜八島〜車山(姫木平)

9月になったら八ヶ岳登り放題、と思っていたけど雨や台風のおかげで引きこもっていました。
金曜日の朝、珍しく雨が降っていなかったので半年振りに山歩きに行ってみました。

今回は普段使っている登山靴ではなく、Vibram Five Fingers (5本指シューズ)を試してみることに。
この靴が手元に届いた時、そーいえば5本指のソックス持ってないけど普通の靴下でもいけるのか?と思ったけど、いけませんでした。
結局、ソックスを買って試し履き。
試し履きの段階では、右足の小指に引っかかる感じがあったけど概ね問題なく履き心地も良かったので今回使ってみました。

今回歩いたルートはハイキングコースとして整備されているし、危険個所や道迷いの心配はないと思います。
道も基本的にはガレ場もザレ場もなく歩きやすいです。
ピークハントやタイムトライアル的な山登りが好きな人には物足りないと思うけど、景色も良いし気楽に山歩きをするには良いルート。
こっちに移住してきてから何回か八島ヶ原湿原に行ったけど、湿原周辺を歩くよりはゼブラ山から見る湿原が景色としては楽しめます。
高所から見るので、当然とは思いますが。

ビブラムファイブフィンガーズは、天気が良くハイキングや軽いトレッキングには選択肢としてありかなと。
ただ、不用意に岩や木の根につま先をぶつけると、指がもげたかと思うほど痛いです。
平坦な道や上りは問題ないけど、下りはやっぱり小指が痛くなったし。

これから冬に向けてスキーブーツとヒールリフトが付いたスノーシューが欲しいけど、自力で買うのは難しいので前の職場に置物状態のヒールリフト付きのスノーシューがあったから、300円くらいで売ってもらえないか頼んでみます。

エコーバレー駐車場 11:05 - 大笹峰 11:55 - ゼブラ山(男女倉山)12:25 - 八島ヶ原湿原 12:45 - 沢渡 13:10 - 車山肩 13:35 - 車山 14:05 - 殿城山 15:00 - エコーバレー駐車場 15:40      14,7km







IMGP5055.JPG

IMGP5056.JPG

IMGP5057.JPG

IMGP5058.JPG

IMGP5059.JPG

IMGP5060.JPG

IMGP5061.JPG

IMGP5062.JPG
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SPYRIDON MR
価格:18144円(税込、送料無料) (2016/10/2時点)

 

 

| Mt. | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スタッフ

以前の屋号の看板をディスるわけではないんですが、看板を変える前はチェックアウト時のお客様の記念撮影は建物をバックにすることが殆どでした。

変更後は、看板をバックに写真を撮る方が殆どになりました。

宿屋を辞めて看板屋になろうかと、うっかり思ってしまいました。

 

前オーナのおばちゃんがパートさんとして手伝ってくれたのを含め、8月上旬から中旬にかけて4名のスタッフが入れ替わり手伝いに来てくれました。

それぞれが横浜、伊豆、房総とそこそこ遠方からわざわざ足を運んで長野の山の中まで来てくれたおかげで、初めての夏も無事乗り切ることができました。

また、GWは大阪から友人が来てくれたおかげで、開業直後の混乱した状況でも何事もなく宿屋としてのスタートを切ることができました。

 

今更ですが、

 

MAYUMIさん

SATOMIちゃん

アキちゃん

ホンダ

 

慣れない環境の中頑張ってくれて、ありがとうございました。

みんなのおかげで繁忙期も、楽しいひと時として過ごすことができました。

 

最後になりますが、次回の招集は年末年始を予定しています。

仕事を含め色々と忙しい時期とは思いますが、予定を入れず各々声が掛かるのをお待ちくださいませ。

| CORU | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
屋号

ここ数年はブログの更新頻度も年一回くらいなので、今回が今年最後の更新になるかもしれません。

長野に移住して、3カ月が経ちました。

GWの一週間前に長野の山の中に移住してきて、GWに宿屋を開業、GW後に自分の宿としての準備を始める、という流れで段取りの順序が少し違うような気もしつつ、この3カ月、営業と並行して宿造りを進めてきました。
今回の開業にあたり、これまで営業中だった取得物件の屋号を変更することにしました。
何をもって正式な屋号変更とするかの判断は難しいところですが、営業許可は新しい屋号で3月に取得、外部予約サイトの屋号は5月中旬に変更。
損害保険に関しては、登録している屋号と保険申請する際の屋号が異なる場合でも問題ないそうです。
諸事情により6月中旬までは施設の看板と別荘地内の案内板を変えられなかったので、7月に入ったらHPと看板・案内板を変更しようと計画していました。

HPは友人の協力もあり7月から無事、販売開始。
案内板は別荘地の管理会社が7月の連休前に取り換えてくれたものの、問題は看板で。
友人の「ルーターで浮彫にしたら山っぽいし、自分で作ったら?」というアドバイスもあり、お金がないという切実で切ない事情もあり、自分で作ることにしました。
幸い看板の枠は以前の看板のものを使えたので、自分の仕事は新しい看板を作成し古い屋号の看板の上から打ち付ければOK!と割と軽く考えていました。

今回の基本的な作業内容は、板を買う、削る、ペンキを塗る、打ち付ける、になります。

浮彫に適した板の厚さが全く分からなかったので、とりあえずホームセンターにある一番厚い板を購入。

次に、今回のメインイベント、削る作業。
友人はルーターと言っていたけど、トリマーの方が自分には扱いやすそうだったのでトリマーを購入、作業開始。
作業開始当初はビット(刃みたいなもの)が簡単に抜けるし、そのうち電源を入れるだけでビットが吹っ飛んでいくようになり、いずれビットが刺さるんじゃないか、という身の安全に対する不安と、看板、できねーよ、という将来に対する不安を抱えながらの作業でした。
コレット(ビットを固定するようなもの)を少し広げればビットを深く装着できるから安定するのでは、と考えコレットを少し広げようとしたら真っ二つに割れました。
構わずそのままビットを装着して使ったら、四つに割れました。
ビットの交換がひたすら面倒になったけど、電源を入れると吹っ飛んでいくこともなくなり怪我することなく削りの作業は終了。

ペンキ塗りの際にハンダを使ってウッドバーニングで模様を入れるか迷ったけど、それをやると8月に間に合わなくなるのでやめました。
代わりに、宿のドリンクメニューをウッドバーニングで作ろうかと思います。
ウッドバーニングだと一旦メニューを決めたら修正できないので、メニューをかためてからの作業になるうえ最低7枚は必要になるので、年内にできればいいかな、という感じです。

最後に、古い看板の上に新しい看板を重ねドリルで軽く穴を開けビスで固定して完成。

 

CM160727-110609001.jpg

| CORU | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
検索キーワード
一年以上ブログの更新が滞っていましたが、その間も月に数十件程度ですがアクセスがありました。
ブログをやっている人なら御存知と思いますが、アクセスログから検索キーワードを見る事ができます。
僕の場合は記事別は有料サービスになるので、検索キーワードしか確認できませんが。
この一年ほぼ放置だったんでそういったものも全く確認していませんでしたが、最近、更新してない期間どんなキーワードが呼び水になっていたか気になり過去三カ月間の検索キーワードを見てみました。

まず一番多かったのは、山に関する言葉。
特に天城山についての検索数が多かったです。

次に怪我に関する言葉。
骨折、片松葉など。
それから、エアアンビュランスも。
エアアンビュランスを体験すること自体ちょっと特殊な状況なので、他にエアアンビュランス体験についての記事がなく検索数が増えたのかなと思います。

続いて、じいちゃんばあちゃんのAV。
これは、何なんでしょう・・・。
思い当たるのは、じいさんばあさんと一緒にエロDVDを観た記事しかないんですが。

山や怪我はいくつかの記事があり結果として検索数が増えたけど、一つの記事の検索数で考えるとこの「じいちゃんばあちゃんのAV」という言葉がある意味一番検索数が多いのかなとも思います。
きっとこの言葉を検索した人は、じいさんばあさんとAVを観た話ではなく老人が出演しているAVの情報が欲しくて検索したと思うので、御期待に添えず申し訳ない気もします。

恐らくこの言葉を検索しているのは僕よりもずっと上の世代、60代以上の人たちがメインになると思うのですが、皆さん、若いんですね。

| OTHERS | 11:16 | comments(1) | trackbacks(0) |
再開
 一年以上、放置状態でした。
これからまた、気持ちのままに書き綴っていこうかと思います。
| OTHERS | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
GOOGLE MAP

より大きな地図で BICYCLE TRIP を表示
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<<new | 1 / 16pages | old>>